5月に入ってもウッド部門では『ローグST』と『ステルス』に人気が集中している。特にドライバー部門の最新ランキングではトップ10のうち4モデルが『ローグSTシリーズ』で、3モデルが『ステルスシリーズ』。つまり、トップ10のうち7モデルを2ブランドで占めていることになる。そんな2強ドライバーだが、売れているロフトやシャフトを調べると意外な事実が見えてきた。つるやゴルフ八重洲店の小野原大地店長に話を聞いた。


「ドライバーの場合、ロフト9度台とロフト10度台を比較すると、圧倒的にロフト10度台がよく売れています。割合で言えば7:3くらい。メーカー側もロフト10度台だけシャフトフレックスを充実させているモデルが多いです」

以前はアスリートモデルのドライバーであれば、「ロフトは9度台」と決めつけている人も多かった。しかし最近では、アマチュアゴルファーはもちろん、ツアープロでもロフト10度台を使用する選手が増えている。また、1位の『ローグST』に関しては純正シャフトを購入する人が多いそうだ。

「一時期、ドライバーでもカスタムシャフトを好む人が増えましたが、今年の『ローグST MAX』は純正シャフトでもベンタス系が入っているので、十分に満足するゴルファーが多い。『ローグST MAX』の場合、売り上げ全体の約7割は純正シャフトです」

最近はドライバーのヘッドが低スピン化されていることもあり、ロフトが立っていると、ボールがドロップして飛ばなくなってしまう。海外メーカーのドライバーだとロフト10度以上が好まれるようだ。

■ドライバー売り上げランキングトップ3
1位 キャロウェイ ローグST MAX
2位 テーラーメイド ステルス
3位 キャロウェイ ローグST MAX D

■FW売り上げランキングトップ3
1位 テーラーメイド ステルス
2位 ピン G425 MAX
3位 キャロウェイ ローグST MAX

■UT売り上げランキングトップ3
1位 ピン G425 ハイブリッド
2位 テーラーメイド ステルス レスキュー
3位 ダンロップ ゼクシオ 12 レディス ハイブリッド
※データ提供/矢野経済研究所

<ゴルフ情報ALBA.Net>