今週の現地時間6月2〜5日に海外メジャー「全米女子オープン」が行われる。そこでは連覇を目指すディフェンディングチャンピオンの笹生優花をはじめ15人の日本勢が戦う。各選手の出場資格や、開幕前の声をまとめた。


まず、現在米ツアーを主戦場にする選手は4人が出場。笹生は過去10年の全米女子オープン優勝の資格などで、そして2019年「全英AIG女子オープン」覇者の渋野日向子は、全米以外のメジャー4大会で過去5年間に優勝した選手に与えられる権利などで出場が決まっていた。

畑岡奈紗は昨季のツアーポイントランク上位30名など、古江彩佳は4月6日時点の世界ランキング上位75名に入りノースカロライナ州行きを決めた。畑岡は今季ここまでに1勝。さらに古江は、先週行われた米ツアーのマッチプレー大会で決勝に進み2位になるなど、いい状態のまま試合に臨めそうだ。

このほかの11人は、アマチュア3人を含め、普段日本をメインにプレーする選手たち。そのうち、今季国内ツアー10戦5勝の西郷真央や、上田桃子、鈴木愛、小祝さくら、西村優菜の5人はいずれも世界ランクで出場を決めた。

今年日本ツアーで旋風を巻き起こす西郷は、「ワクワクもある。試合が始まれば余計なことを考える余裕もなくなるから早く始まって欲しい」と開幕を待ちわびる。今季国内1勝の上田は、「力を出し切れば何かしら跳ね返りがある。出し切ることだけを考える」という思いを胸に渡米した。それぞれが大舞台での活躍を期する。

ちなみに稲見萌寧、山下美夢有、堀琴音、勝みなみも世界ランクにより権利が付与されたが、こちらは国内優先の意向や隔離なども考慮し、出場を見送っている。

そして残る6人は、4月25日に千葉県の房総カントリークラブ房総ゴルフ場・東西コースで行われた日本予選会で米国行きのチケットを手にした。濱田茉優、識西諭里、高木優奈という面々に加え、馬場咲希、早川夏未、伊藤二花のアマチュア勢にも大舞台で活躍するチャンスが与えられた。

身長175センチの高校2年生・馬場は、2週前の「ブリヂストンレディス」で28位タイとなり、ローアマに輝いてからの渡米。憧れのネリー・コルダ(米国)とプレーするのが目標で、「そのために上位で回りたい」と意気込んでいる。

笹生と畑岡による日本勢同士のプレーオフのすえ、日本史上3人目となるメジャー女王が誕生した昨年は記憶に新しい。今年も眠い目をこすりながら応援するファンが増えるような活躍を、15人のなでしこたちに期待したい。

【全米女子オープン・日本勢の出場者】(現地時間30日現在)
畑岡奈紗(昨季ツアーポイントランクなど)
笹生優花(昨年大会優勝など)
渋野日向子(19年全英制覇など)
古江彩佳(世界ランク上位75名)
上田桃子(世界ランク上位75名)
鈴木愛(世界ランク上位75名)
小祝さくら(世界ランク上位75名)
西村優菜(世界ランク上位75名)
西郷真央(世界ランク上位75名)
濱田茉優(予選会突破)
識西諭里(予選会突破)
高木優奈(予選会突破)
@馬場咲希(予選会突破)
@早川夏未(予選会突破)
@伊藤二花(予選会突破)

<ゴルフ情報ALBA.Net>