今年売れたアイアンを振り返ると、2月に発売されたピンの『i525』が約2カ月にわたって1位をキープ。その後は4月に発売された『ステルス』が1カ月以上もトップになっている。しかし、この2モデルが大ヒットしている裏で『ローグSTシリーズ』が好調を続けている。


『ステルス』も『i525』もメンズモデルは1モデル。しかし、『ローグST』はメンズモデルだけで4モデルあり、レディスモデルも1モデル。モデル数が多いことで個別集計のランキングだと『ローグST』はトップにはならない。しかし、4モデルを合計すれば、1モデルしかない1位のアイアンを超えていることになる。そんな『ローグSTシリーズ』の人気について、PGAツアースーパーストア入間店の宮原伸悟さんに話を聞いた。

「当店でも『ローグSTシリーズ』の売り上げは好調ですし、4月以降は一番売れていると思います。その理由の1つして『ローグSTシリーズ』は『ローグST MAX』に『ローグST MAX FAST』、さらに『ローグST PRO』『ローグST MAX OS』とターゲット層が違う4モデルがあるので、この4モデルでほぼすべてのゴルファー層をカバーできています。だから、どんなお客さんでも『ローグSTシリーズ』の中から欲しいアイアンが見つかります。『ステルス』や『i525』も人気はありますが、メンズ用としては1モデルのみですからね」

―『ローグSTシリーズ』の4モデルはそれぞれどんなゴルファーに人気なのか?

「まず、4モデルの中で最も売れている『ローグST MAX』は幅広いターゲット層に人気でアベレージゴルファーだけでなく、シニア世代や初心者も購入しています。2番目に人気の『ローグST MAX FAST』は60歳前後のゴルファーからも好まれますし、男性用のアイアンを使っている女性ゴルファーもよく買っていきます。『ローグST PRO』は本格派のゴルファーから人気で、見た目もシャープなので、今までフォージドアイアンを使っていて『もう少し飛距離が欲しい』というタイプから好評です。最後の『ローグST MAX OS』は大型ヘッドの安心感があるうえに打球が上がりやすいので、アイアンが苦手な人に好まれます」

宮原さんによると、カップルや夫婦でアイアンを買いにきたときに、男性が『ローグST MAX』、女性が『ローグST MAX FAST』と2人とも『ローグSTシリーズ』を購入するケースもあるそうだ。

■アイアン売り上げランキングトップ3
1位 テーラーメイド ステルス
2位 ピン i525
3位 ダンロップ ゼクシオ 12

■ウェッジ売り上げランキングトップ3
1位 タイトリスト ボーケイデザイン SM9
2位 ピン グライド4.0
3位 クリーブランド RTX ZIPCORE
※データ提供/矢野経済研究所

<ゴルフ情報ALBA.Net>