安田祐香が、出身地の兵庫県にある兵庫トヨタ自動車株式会社とスポンサー契約を締結した。安田のマネジメントを請け負う東急エージェンシープロミックスが、6日発表した。今後ツアー転戦におけるサポートを受ける。


同社の創業家が、安田の出身校である滝川第二高と縁があったことに加え、スポーツを通じ地域社会を活性化したいという思いから契約。同日には同社本社ショールームで車輌贈呈式も行われ、今週の「宮里藍 サントリーレディスオープン」から乗るアルファードハイブリッドが提供された。

初シード入り、初優勝を目指すツアー本格参戦2シーズン目の今季は、ここまで14試合に出場し「フジサンケイレディスクラシック」3位タイが最高位。メルセデス・ランキングでは26位につけている。

今回の契約をうけ安田は、「地元の会社にサポートして頂けることは心強いですし、とてもうれしく思います。アルファードは後部座席の乗り心地も良くて、体への負担も少なく、荷物もたくさん入るので助かります。新しいアルファードに乗るのが楽しみです。1試合1試合を大切に一所懸命プレーして、ツアー初優勝を目指して頑張ります」などコメントしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>