海外メジャー「全米女子オープン」には日本勢が15人出場。前週の国内戦で優勝を飾り、強行スケジュールで米国に乗り込んだ小祝さくらが、日本勢最上位で4日間を終えた。また、日本では男子ツアープロNO.1を決めるメジャー大会が閉幕。比嘉一貴が制し、米ツアー、欧州ツアー、そして「全英オープン」の出場権を手にした。先週行われた主要ツアーを振り返る。


■米国女子「全米女子オープン」(6月2〜5日、米ノースカロライナ州パインニードルズ・ロッジ&GC、賞金総額1000万ドル=約12億7700万円)

海外メジャー2戦目「全米女子オープン」はミンジー・リー(オーストラリア)がトータル13アンダーまで伸ばし、大会最少記録の「271」ストロークでメジャー2勝目、ツアー通算8勝目を飾った。4打差の2位に日系米国人のミナ・ハリガエ、トータル7アンダーの3位にツアールーキーのチェ・ヘジン(韓国)が続いた。世界ランキング1位のコ・ジンヨン(韓国)がトータル6アンダーの4位。リディア・コ(ニュージーランド)がトータル5アンダーの5位に入った。

日本勢は15人中5人が決勝ラウンドに残り、小祝さくらがトータル3オーバーで日本勢最上位の20位タイに入った。畑岡奈紗はトータル5オーバーの28位タイ、西郷真央がトータル8オーバーの44位タイ。アマチュアの馬場咲希はトータル9オーバーの49位タイ。高木優奈はトータル19オーバーの69位タイに終わった。

大会連覇をねらった笹生優花、そしてメジャー2勝目に挑んた渋野日向子らは予選落ちを喫した。

今週は「ショップライトLPGAクラシック」(6月10〜12日、ニュージャージー州ストックトンシービューH&GC ベイC)が行われる。

■米国男子「メモリアル・トーナメント」(6月2〜5日、米オハイオ州ミュアフィールド・ビレッジGC、賞金総額1200万ドル=約15億3300万円)

ジャック・ニクラス(米国)が大会ホストを務める一戦。ビリー・ホーシェル(米国)が2位に4打差をつけるトータル13アンダーで逃げ切り、ツアー通算7勝目を果たした。トータル9アンダーの2位にアーロン・ワイズ(米国)。パトリック・キャントレー(米国)とホアキン・ニーマン(チリ)がトータル7アンダーの3位タイに続いた。

2014年大会で米ツアー初優勝を遂げた松山英樹は大会初日、使用していたクラブがゴルフ規則「プレーヤーの用具」4.1a(1)にある「ストロークを行うとき、プレーヤーは用具規則の要件に適合するクラブを使用しなければならない」に抵触し、9ホールを終えて失格となった。

今週は「RBCカナディアン・オープン」(6月9〜12日、カナダ・セントジョージズG&CC)が3年ぶりに開催される。日本勢からは小平智が出場する。

■国内男子「BMW 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」(6月2〜5日、茨城県・宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース、賞金総額1億5000万円)

茨城県の名門・宍戸ヒルズCCで開催されたツアープロNO.1決定戦は、比嘉一貴がトータル12アンダーで逆転V。ツアー通算4勝目をメジャー初勝利で飾った。この勝利により、6月23日開幕の欧州ツアー「BMWインターナショナル・オープン」(ドイツ、ミュンヘン・アイヘンリードGC)、10月に日本で開催される米国男子ツアー「ZOZOチャンピオンシップ」の出場権を獲得した。さらに優勝賞金3000万を加算して、全英オープン日本予選ランキングの1位に浮上。聖地・セントアンドリュースへの切符もつかんだ。

トータル11アンダー・2位に大槻智春。トータル10アンダー・3位に岩崎亜久竜、トータル9アンダー・4位にはアンソニー・クウェイル(オーストラリア)が続いた。地元でのメジャー初勝利をねらった星野陸也は崩れ、トータル6アンダーの7位タイに終わった。

世界アマチュアランキング1位の中島啓太(日体大4年)、国内初出場となった金谷拓実はトータル4アンダーの11位タイ。石川遼はトータル1アンダーの28位タイで、4日間を終えた。

今週は新規ツアー「ASO飯塚チャレンジドゴルフトーナメント」(6月9〜12日、福岡県・麻生飯塚ゴルフ倶楽部)が行われる。

■国内女子「リシャール・ミル ヨネックスレディス」(6月3〜5日、新潟県・ヨネックスカントリークラブ、賞金総額9000万円)

初日から首位に立った稲見萌寧が、2位に2打差をつけるトータル7アンダーで逃げ切り。今季初優勝、ツアー通算11勝目を果たした。2020、21年が統合された昨季は9勝を挙げて賞金女王を戴冠したが、今季は14戦目にしてようやく優勝をつかんだ。

2位に藤田さいきと、ホステスプロで昨年6月のプロテストに合格したルーキー・岩井千怜。トータル4アンダーの4位タイには、ともに地元・新潟出身の高橋彩華と石井理緒、吉田優利、菅沼菜々、穴井詩の5人が続いた。岩井千怜の双子の姉で同じくホステスプロの岩井明愛は、トータル2アンダーの10位タイで3日間を終えた。

今週は「宮里藍 サントリーレディス」(6月9〜12日、兵庫県・六甲国際ゴルフ倶楽部)が行われる。

■欧州男子「ポルシェヨーロピアンオープン」(6月2〜5日、ドイツ・グリーンイーグルGC、賞金総額175万ユーロ=約2億4000万円)

最終日に8アンダーの「64」をマークしたカーレ・サモーヤ(フィンランド)が7打差を大逆転。ツアー初優勝を遂げた。2打差の2位にウィル・ベッセリング(オランダ)、トータル3アンダーの3位タイに前週優勝のビクトル・ペレズ(フランス)とリチャード・マンセル(イングランド)が入った。

日本勢で唯一出場した川村昌弘はトータル2アンダーでフィニッシュ。今季ベストとなる5位タイで終え、2月「ラアス・アル・ハイマクラシック」以来となるトップ10入りを果たした。

今週は「ボルボ・カー・スカンジナビア ミックス」(6月9〜12日、スウェーデン・ハルムスタードGC)が行われる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>