今年のウッド部門は『ステルスシリーズ』と『ローグSTシリーズ』の2強状態が続いているが、その裏で隠れたロングセラーとなっているのがテーラーメイドの『300ミニ』。発売されたのは昨年7月だが、最新の週間売り上げランキングでも10位に入っている。その人気について、ヴィクトリアゴルフトーキョージャンボゴルフセンター店の佐々木隆宜店長に話を聞いた。


「昨年7月に発売されたときは初回の入荷予定分が予約分だけで完売してしまったので、発売日には店頭にクラブが並ぶこともなく売り切れてしまう人気ぶりでした。完売した後もずっと問い合わせが続いており、実はきょう(6月8日)だけでも2件の問い合わせがありました」

―なぜ、ヘッド体積が307ccしかない『300ミニ』の人気がこれほど過熱したのか?

「理由の1つが本数の少なさです。同じテーラーメイドでも『ステルスシリーズ』などに比べると入荷本数が圧倒的に少ないので、争奪戦になってしまう。パターの『トラス』と同じパターンです。『トラス』は若い世代から人気がありましたが、『300ミニ』は昔の小さいヘッドの時代からゴルフをやってきたベテランゴルファーからの人気が高いです」

『300ミニ』という名称はテーラーメイドが2000年代に大ヒットさせた名器『300シリーズ』から命名したもの。その時代を知るゴルファーには460ccの大型ヘッドではなく、『300ミニ』のサイズ感を求める人が一定数いるのだ。

■ドライバー売り上げランキングトップ3
1位 テーラーメイド ステルス
2位 キャロウェイ ローグST MAX
3位 キャロウェイ ローグST MAX D

■FW売り上げランキングトップ3
1位 テーラーメイド ステルス
2位 ピン G425 MAX
3位 キャロウェイ ローグST MAX

■UT売り上げランキングトップ3
1位 ピン G425 ハイブリッド
2位 テーラーメイド ステルス レスキュー
3位 ダンロップ ゼクシオ 12 ハイブリッド
※データ提供/矢野経済研究所

<ゴルフ情報ALBA.Net>