<ASO飯塚チャレンジドゴルフトーナメント 2日目◇10日◇麻生飯塚ゴルフ倶楽部(福岡県)◇6809ヤード・パー72>

国内男子ツアーの新規大会は、第2ラウンドが進行中。石川遼は前半を2バーディ・1ボギーで回り、トータル4アンダー・29位タイで後半に入っている。


スタートホールの10番パー4で約5メートルを沈めて、幸先よくバーディ発進を決めた。その後は1バーディ・1ボギーで前半は1アンダー。首位と5打差で後半のアウトコースに挑む。

トータル9アンダー・首位タイに大西魁斗、時松隆光、宮里優作、池村寛世、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)、タンヤゴーン・クロンパ(タイ)が並んでいる。

2週連続優勝を狙う比嘉一貴は、トータル5アンダー・18位タイ。午前12時20分にティオフする。比嘉と同組の桂川有人はトータル1アンダー・76位タイから巻き返しを図る。

<ゴルフ情報ALBA.Net>