<ショップライトLPGAクラシック 初日◇10日◇ストックトンシービューH&GC(米ニュージャージー州)◇6190ヤード・パー71>

数少ない米国女子ツアーの3日間大会は、現在第1ラウンドが進行中。日本時間午後9時21分にスタートした渋野日向子は、1オーバーで先ほど前半のラウンドを終えた。


米7勝のアンジェラ・スタンフォードと、ローレン・スティーブンソン(ともに米国)とプレーする初日で、最初にスコアが動いたのは2番パー4。ここでのティショットを右ラフに入れると、その2打目がミスショットになり70ヤードほど先の左ラフまでしか飛ばなかった。さらに3打目をグリーン奥に外すと、アプローチも寄せきれず。ここから2パットのダブルボギーを叩いてしまった。

重苦しいスタートになったが、5番パー4では2打目を5メートルにつけると、これを真ん中からしっかりと決めて初バーディ。しかし7番パー3でショットをピンに絡められず、3パットのボギーを打ってしまった。それでも9番パー5で見せ場が到来する。2オンに成功しただけでなく、これがピン手前3.5mのイーグルチャンスに。続くパットはわずかにカップをオーバーするも、しっかりとバーディを奪い10番へ向かった。

日本勢は渋野のほかに3人が出場。野村敏京は、第1組の一人としてプレーしイーブンパーで後半をプレーしている。古江彩佳は日本時間11日午前2時4分に10番から、畑岡奈紗は同午前2時32分に1番からそれぞれ競技を開始する。

現在トップには5アンダーのステファニー・キリアコウ(オーストラリア)が立っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>