中島啓太(日体大4年)は昨年、アマチュア世界No.1の称号でもあるマコーマックメダルを受賞したことで、今週開幕する「全米オープン」の出場権を獲得。4月のマスターズに続いて、2度目のメジャーに挑む。


2週間前に出場した「BMW 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」では、「距離が長いので」とドライバーをコントロール重視のテーラーメイドの『300ミニ』から、それよりも20ヤード飛ぶエースの『ステルスプラス』に戻した。さらに1、3、5Wのウッド3本のシャフトを『Tour AD UB』からオレンジの『Tour AD DI』に一新した。

中島は1月の米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」が終わってから、「故障をなくす体の使い方」をテーマに、スイング改造を行ってきた。それに加えてトレーニングも継続してきたことで、「シャフトの好みが変わってきた」のだという。

「シャフトが換わってもドライバーは6Xのままなんですけど、3番ウッドは8Xで、5番ウッドは9TX(ダブルエックス)。前は軽くて硬いシャフトが好きだったんですけど、いまは重くて硬くても打てるようになりましたし、そこは変わってきているかなと思います。重くて硬いシャフトに間違いないんですけど、実際に打ってみると打ちやすいクラブでした」

それぞれのキャリーは、ドライバーが290ヤード、3番ウッドが270ヤード、5番ウッドが250ヤード。特に5番ウッドは、フレックスが9TXで40.5インチと短いため、実際はもっと硬く感じそうだが、本人は「アイアンに近い感じで打てる」と気に入っている。

オレンジの『Tour AD DI』といえば、松山英樹が使っているイメージが強い。松山の場合は、ドライバーが『8TX』、3番ウッドが『9TX』、5番ウッドが『10TX』と、中島よりも重くて硬いものを使っている。『9TX』や『10TX』は完全にツアー仕様で市販はされていない。

中島自身も「DIの9TXは最初なかったんですけど、『松山さん用』というシールが貼ってあるシャフトがあって(笑)。それを僕がお借りしちゃった感じで、使わせていただいています」という。国内男子ツアーでも9TXを使う選手はほぼいない。松山用に用意していたものが、ちょうど中島にハマった形だ。

ツアー選手権3日目の1番ホールでは、トラックマンによる計測が行われ、追い風ながら全選手中1位のキャリー316ヤードを記録した中島。スイング改造、トレーニング、クラブフィッティングが上手くマッチして、飛距離が伸びてきている。「前の100%はいまの8割くらいで出せるようにはなっているかなと思います」という世界基準の飛距離は、全米オープンでも武器になることだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>