<マイヤーLPGAクラシック 事前情報◇15日◇ブライズフィールドCC(米ミシガン州)◇6556ヤード・パー72>

先週の大会で日米通じて4戦ぶりの予選通過を果たした渋野日向子は、「ひさしぶりにいいゴルフができた3日間だった。パーオン率も高かったし、自分の思うようなショットが打てたところもあったので、全米(女子オープン、予選落ち)の頃に比べたらマシになりました」と、ホッとしたような表情を浮かべた。


17位で終えた「ショップライトLPGAクラシック」では、3日間通じてフェアウェイキープ率が88.0%、パーオン率は81.4%を記録。結果はもちろんのこと、この内容に改善が見られたことが安心材料となる。今週のコースも「ラフは入ると諦めないといけないくらいの長さがある。ショットの精度が必要」と感じているだけに、さらにその状態は上げておきたい。

目指しているのは、4月のスイング。4位になったメジャー大会「シェブロン選手権」、そして2位になったハワイでの「ロッテ選手権」がそれにあたる。「その時はしっかり振れていましたし、あまり(スイングのことを)考え過ぎずにマネジメント優先でプレーできていた」。その後、疲労などもあって下降線をたどったが、「先週やっと改善された」という手応えを感じ取っている。

今週の会場でも、後方からマネージャーにスイング動画を撮影してもらい、それを逐一チェックしながら調整する姿は変わらない。特に最重要課題として現在チェックしているのが、「トップの位置」、そして「振り抜き」だ。先週の会場でも「悪いときはクセでトップがすごく低くなってしまう。トップが低いから、ボールをとらえたあと、あおり打ちとなってしまう」と話していた“調子のバロメーター”に、引き続き目を光らせる。

「試行錯誤しながら」という言葉にもあるように、スイングについては取り組んでいかないといけない部分。フェアウェイに細かい傾斜も多いコースながら、例年伸ばし合いとなる大会では、いかにセカンドショット以降をいい位置から打てるかが、スコアメイクをするうえでカギを握ってくる。

来週は今季3試合目となるメジャー大会「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」も控える。「一日一日、ムダな使い方をしてしまったのが、ここ何試合かのゴルフの内容。先週からは意識を変えて、目の前の結果も大事だけど、もっと内容をよくしていきたい」。納得できるプレーで4日間を戦い、いざ来週へ―。それが今の渋野の頭に浮かんでいる考えだ。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>