<KPMG全米女子プロゴルフ選手権 初日◇23日◇コングレッショナルCC(米メリーランド州)◇6894ヤード・パー72>

古江彩佳が、畑岡奈紗と並ぶ日本勢最上位の1アンダー・6位タイで初日を終えた。「最初はどうなるか…」と、スタートの10番パー3では、ティショットをグリーン奥のバンカーに入れてのボギー。さらに続く11番でも左に出るショットを確認し序盤は「ドタバタした」が、6、7番の連続バーディなどで後半、盛り返した。


そのための“修正力”が光った。テークバックの時にアウトサイドにクラブが出ることが原因で、左へのボールが出ると考えた古江はひと工夫。「ドライバーの時にボールの位置を遠くして、自分のリズムを心掛けたら、セカンドショットも徐々によくなった」。6番パー5は、3打目を1メートルにつけてのバーディ。7番では対照的にエッジからの10メートルをパターでねじ込んだ。

「出だしがボギーから始まるのは想像もしていなかった。アンダーまで持っていけたのは上出来だなと思う」。不安な立ち上がりからのこの結果には、胸をなでおろす。特に残り181ヤードから6番アイアンで打った2打目を3メートルにつけ初バーディを奪った15番パー4を、「あの難しいホールで獲れたのは大きかった」と殊勲の1ホールに挙げた。

先週行われた「マイヤーLPGAクラシック」最終日は、自身の米国でのベストスコアとなる「64」をマーク。これが強気のプレーにもつながる。「ショット面でもうまくつながっていると思うし、パターでもしっかり思ったところに打てている。その最終日からイメージよくできています」。雨の影響もありグリーンも止まりやすくなっていたことも、その背中を押した。

「きょうは本当にうまくできてないところから自分でちゃんと調節できた。そこは経験が少しずつ活きてきたと思う」。ロケットスタートで8アンダーの首位に立つチョン・インジ(韓国)とは7打の差があるが、少しずつその差をつめて上位争いをしたい。(文・間宮輝憲)

<ゴルフ情報ALBA.Net>