<アース・モンダミンカップ 最終日◇26日◇カメリアヒルズカントリークラブ(千葉県)◇6639ヤード・パー72>

賞金総額3億円、優勝賞金5400万円の超高額大会「アース・モンダミンカップ」最終日。風が強く吹き、4日間のアンダースコアが6人のみという難コンディションを制したのは、トータル4アンダーまで伸ばした木村彩子。念願の初優勝をついに手にした。


「3日目の後半のハーフで『40』を叩いて悔しい思いがあって、きょうはハーフで2アンダーを目指して、やれることをやり切ると挑みました。風が強かったので、低い球を中心に攻めました。奥に行ってもいいから突っ込んでいく作戦で、いい流れをつくれました」(木村)

大会前は「今週は飛距離的にUT3本が大事になってくると思っていました。あとはラフに入れたくなかったのでドライバーですね」との読み。狙い通り4日間のFWキープ率は全体1位の78.5%。最終日も14ホール中12ホールでフェアウェイキープに成功し、2打目の有利を築いた。シャフトをサポートするフジクラ担当者は、木村の初優勝を自分のことのように喜ぶ。

「木村プロはインパクトのタイミングをコントロールしやすく、打ち出し方向とドロー幅をしっかり管理できる点で『EVO7』を気に入ってくれています。先調子は暴れる印象を持たれがちですが、剛性や挙動の工夫で先調子のネガティブ面を解消しています。最近、木村プロには他社からのアプローチもありましたが、当社シャフトを信じて使い続けてくれて、最高の結果にとても感動しました」(フジクラ・ツアー担当)

また、今季からキャロウェイと契約を結んだが、同社との信頼関係も厚く、こんなエピソードも明かしていた。

「アイアンは古いヘッド(APEX 2016)なのでメーカーさんに在庫がなく、ゴルフパートナーで購入しました。新しいヘッドの商品で、シャフトは挿し替えています。メーカーさんは私がいいと考えているのなら、古いモデルでも使っていいと言っていて協力してくれています」(木村)

【木村彩子の優勝クラブセッティング】
1W:キャロウェイ EPIC SPEED(9.0度/SPD 569 EVO7 S)
3W:キャロウェイ EPIC SPEED(13.5度/SPD 569 EVO7 S)
5W:キャロウェイ ROGUE ST ◆◆◆(18度/SPD 569 EVO7 SR)
3U:キャロウェイ APEX UW(19度/SPD 569 EVO7 S)
4,5U:ピン G425(22,26度/MCH 60S)
6I〜PW:キャロウェイ APEX 2016(N.S.PRO 750GH S)
52度:キャロウェイ JAWS FORGED(N.S.PRO 750GH S)
58度:グローブライド ONOFF FORGED(N.S.PRO 750GH R)
PT:オデッセイ MATAL X MILLED #2(STLOKE LAB)
BALL:キャロウェイ CHROME SOFT X

<ゴルフ情報ALBA.Net>