50歳以上のプロゴルファーが持てるテクニックを駆使して真剣勝負を行う国内シニアツアー。レギュラーツアー時代から勝負にこだわり続ける者もいれば、新たな気持ちで挑む者もいる。今季、密かに爪を研いでいるのがプロ34年目を迎えた56歳の鈴木亨だ。レギュラーツアーで8勝を挙げ、シニアツアーでも5勝を挙げている鈴木のゴルフ観や技術に触れながらその横顔に迫る。(取材/文・山西英希)


■ヘッドの後ろにボールを置いて始動してチェック

レギュラーツアー時代は最終日に爆発的なスコアを出すことから、“ボンバー”の愛称で呼ばれていた鈴木亨。チャンスを演出するアイアンショットのキレは今でも健在。距離感や方向性を含めて、アイアンショットの正確性をアップしたいと考えるアベレージゴルファーは多い。レベルは違っても、その思いはツアープロも同じということで、鈴木にその秘訣を聞いてみた。

「大切なのは、テークバックです。アベレージゴルファーの多くは、クラブヘッドから上げようとしますが、ボクらにその意識はありません。あくまでも体が先に動き、その後でヘッドが勝手に動き始めるからです」。手先やヘッドから動かすのではなく、体の回転から始めるのがポイントだ。

アベレージゴルファーの場合、ヘッドから先に動かしているのかを理解していないと思われるが、見分ける方法としてはバックフェース側にボールを1個置き、トップまでクラブを上げてみよう。体を動かす前にボールが目標の反対方向に転がってしまう人は手でクラブを上げていると考えていい。体の回転で行えていればヘッドとボールが同じようなスピードで転がる。

「できればボールよりも重たいものをヘッドの後ろに置き、それを目標の反対側へ動かすつもりで押していきます。手だけだと動かないので、自然と体を使うようになります」。バックスイングの際に、重いモノを動かすイメージで上げれば、手先ではなく体の回転で始動できる。問題は体の動かし方だが、右足股関節の上に上体を乗せるつもりでベルトを回すという。

さらに、スイング中は両手を胸の前にキープするのが基本になる。「その意識を持ち続けてさえいれば、インパクトゾーンで手を返す動作がなくてもクラブを鋭く振れるようになります」。逆に、体の正面から両手が外れると、クラブがスイングプレーンに沿って下りてこないので、ミート率が下がってしまう。アイアンショットの正確性が低い人はここに原因があるわけだ。

■右手1本でクラブを支えられる力が握る適正な強さ

鈴木によれば、スイング中の注意点はクラブを握る強さにもあるという。「直立した姿勢でクラブを右手1本で持ち、ヘッドを胸の前まで上げてみましょう。この状態からクラブを握る力を弱めると、重いヘッドから先に下に落ちますよね。ヘッドが落ちない程度の力で持つのが正解です。強く握りすぎてもダメです」。強く握り過ぎると手打ちを招くし、弱すぎるとダウンスイングでヘッドが垂れてフェースが開いた状態でインパクトを迎える。薄い当たりになったり、右へ打ち出し気味の人はグリッププレッシャーを少し強めたほうがいいだろう。

両手を胸の前にキープし、正しいグリッププレッシャーでクラブを握っていれば、ダウンスイングの切り返しでは、ヘッドが背中側から下りてくる。これがアイアンショットで大切なクラブがスイングプレーンに乗った状態なのだ。

取材協力・季美の森ゴルフ倶楽部


■鈴木亨
すずき・とおる/1966年5月28日生まれ、岐阜県出身。身長178センチ、体重80キロ。日本大学ゴルフ部時代は「日本アマ」などのタイトルを獲得。同期には川岸良兼がいる。89年にプロ転向後は、93年にツアー初優勝をはじめ、通算8勝。2011年までシード選手として長年活躍。シニア入り後は、3年目の18年に3勝を挙げて賞金ランキング2位。今季は賞金王を目指す。シニア通算5勝。ミズノ所属。

<ゴルフ情報ALBA.Net>