<全英オープン 初日◇14日◇セント・アンドリュース オールドコース(スコットランド)◇7313ヤード・パー72>

第150回「全英オープン」は初日の競技が進行中。聖地で2つ目のメジャータイトルを狙う松山英樹は2バーディ・1ボギーの1アンダー・25位タイでハーフターンを迎えた。


1番から出た松山は3番で3パットのボギーが先に来る展開。それでも5番パー5で2オンに成功すると約14メートルを2パットにまとめて獲り返す。さらに8番パー3ではティショットを1.5メートルにつけて2つ目のバーディを奪って折り返した。

現在のトップは7アンダーまで伸ばしているキャメロン・ヤング(米国)。2打差の2位タイにキャメロン・スミス(オーストラリア)とアーニー・エルス(南アフリカ)が続いている。

日本勢はジャスティン・ローズ(イングランド)が腰痛のため欠場、ウェイティングで繰り上がった星野陸也、金谷拓実は4オーバーの98位タイ。比嘉一貴、今平周吾、桂川有人、アマチュアの中島啓太はこの後スタートする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>