<全英オープン 初日◇14日◇セント・アンドリュース オールドコース(スコットランド)◇7313ヤード・パー72>

第150回「全英オープン」は初日の競技が進行中。松山英樹は4バーディ・3ボギーの1アンダーで初日を終えた。


前半で1つ伸ばした松山は、距離の短い12番パー4でティショットをグリーン奥まで運ぶと寄せワンでさらにバーディを奪取。だが、次の13番をボギーとすると難関17番では388ヤードドライブを見せるも2打目をグリーンで止められず奥の道路へ。ここから2メートルに寄せるも決められずボギーとしたが、パー4の最終ホールでワンオンに成功。2パットにまとめてホールアウト時点で29位タイとなっている。

現在のトップは8アンダーまで伸ばしているキャメロン・ヤング(米国)。タイガー・ウッズ(米国)は1ホール目で2打目をクリークに入れてダボを叩くなど3オーバー・苦しいスタートとなっている。

日本勢は比嘉一貴がイーブンパーの48位タイ、桂川有人は1オーバーの75位タイ、金谷拓実、アマチュアの中島啓太は2オーバーの103位タイ、星野陸也が3オーバーの123位タイ。今平周吾は6オーバーの145位タイとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>