<全英オープン 2日目◇15日◇セント・アンドリュース オールドコース(スコットランド)◇7313ヤード・パー72>

「全英オープン」2日目の競技が進行中。初日にトータル1アンダーの35位につけた松山英樹が日本時間23時21分にスタート、1ホール目をバーディとしてコースへと出て行った。


松山はアイアンでのティショットをフェアウェイ右サイドに置くと、2打目を手前ピンに対して奥約2メートルにつける。これをしっかりと沈めてバーディ発進。最高の滑り出しを見せた。

現在のトップはトータル9アンダーのダスティン・ジョンソン、キャメロン・ヤング(いずれも米国)、キャメロン・スミス(オーストラリア)の3人。タイガー・ウッズ(米国)は3つ落としてトータル9オーバーですでにホールアウト。予選通過はかなり厳しい状況だが、ホールアウト時には大歓声が巻き起こった。


日本勢は速いスタートだった桂川有人が「68」でトータル5アンダーとして現時点で14位タイ。アマチュアの中島啓太はトータル3オーバー・112位タイ、星野陸也、比嘉一貴はトータル5オーバー・131位タイ、今平周吾はトータル8オーバー・147位タイ。トータル2オーバーの金谷拓実は松山の1つ後ろの組でスタートしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>