<アムンディ エビアン・チャンピオンシップ 2日目◇22日◇エビアン・リゾートGC(フランス)◇6527ヤード・パー71>

今季の海外女子メジャー第4戦は、第2ラウンドが進行している。初日に8アンダー・単独首位発進を決めた古江彩佳、3オーバーから巻き返しを図る渋野日向子がティオフ。それぞれパー、ボギーで滑り出している。


古江はフェアウェイからの2打目をグリーンオンさせると、続く約2.5メートルのバーディパットは左に逸れて入らず。2パットのパー発進となった。

渋野はドライバーでのティショットが右ラフへ。木がスタイミーとなっていたため、レイアップを選択。3打目はピンから約3メートルにオンしたが、これを沈められずにボギースタートとなった。

古江と1打差の2位タイにはネリー・コルダ(米国)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)。2打差4位にはシャイアン・ナイト(米国)が続いている。

初日に5アンダーの好発進を決めた西村優菜は、午後9時3分にティオフを予定している。

【日本勢のスタート時間】
笹生優花  午後3時15分
畑岡奈紗  午後3時51分
西郷真央  午後4時15分
西村優菜  午後9時3分
橋本美月  午後9時3分
※日本時間

<ゴルフ情報ALBA.Net>