<アムンディ エビアン・チャンピオンシップ 2日目◇22日◇エビアン・リゾートGC(フランス)◇6527ヤード・パー71>

今季4つ目の海外女子メジャー「アムンディ エビアン・チャンピオンシップ」は予選ラウンドが終了。単独首位発進を決めた古江彩佳は2バーディ・2ボギーの「72」と足踏み。首位と7打差のトータル7アンダーの11位に後退している。


トップに立つのは初日に続き「64」と2日連続で7つ伸ばしたトータル14アンダーのブルック・ヘンダーソン(カナダ)。2打差の2位にネリー・コルダ(米国)、5打差の3位タイにキム・セヨン、ユ・ソヨン(いずれも韓国)が続いている。

日本勢は7つのバーディを奪って「66」と5つ伸ばした畑岡奈紗が古江と並ぶ11位タイに浮上、トータル3アンダー・30位タイの西村優菜、トータル2アンダー・42位タイの西郷真央が決勝進出を果たしている。

一方で2つ目のメジャータイトルを狙う渋野日向子は1バーディ・3ボギー・2ダブルボギーの「77」とこの日も苦しみトータル9オーバーの126位タイで予選落ち。笹生優花がトータル2オーバーの88位タイ、アマチュアの橋本美月(東北福祉大2年)がトータル7オーバーの118位タイで同じく週末へ進むことはできなかった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>