<JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP CHALLENGE in FUKUI 最終日◇23日◇ 越前カントリークラブ(福井県)◇6625ヤード・パー70>

国内男子下部のABEMAツアーは、最終ラウンドが終了した。アマチュアの高宮千聖(ちさと、福井工業大2年)が5バーディ・4ボギーの「69」をマーク。トータル14アンダーで初日から首位の座を守り切り、ツアー史上6人目のアマチュアVを完全優勝で飾った。


今年6月の「ジャパンクリエイトチャレンジ in 福岡雷山」では、同じくアマチュアの蝉川泰果(せみかわ・たいが、東北福祉大4年)がV。ツアー史上初となる、同一シーズンで複数回のアマチュア優勝となった。

トータル13アンダー・2位に嘉数光倫。トータル10アンダー・3位には木村太一が入った。

ルーキーの河本力はトータル9アンダー・4位タイ。2戦連続優勝を狙った松本将汰はトータル3アンダー・32位タイだった。

【下部ツアーのアマチュア優勝】
・片山晋呉(1990年、水戸グリーンオープン)
・小平智(2010年、鳩山カントリークラブ・GMAチャレンジ)
・杉原大河(2019年、石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament)
・河本力(2021年、TIチャレンジ in 東条の森)
・蝉川泰果(2022年、ジャパンクリエイトチャレンジ in 福岡雷山)
・高宮千聖(2022年、JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP CHALLENGE in FUKUI)

<ゴルフ情報ALBA.Net>