<アムンディ エビアン・チャンピオンシップ 最終日◇24日◇エビアン・リゾートGC(フランス)◇6527ヤード・パー71>

最終ラウンドが行われ、全選手がプレーを開始している。日本勢は西郷真央が、7つのバーディ(2ボギー)を奪い、現在トータル13アンダー・4位タイにつけている。トータル15アンダーで間もなくハーフターンするトップのブルック・ヘンダーソン(カナダ)とは2打差。


3日目に「65」をマークし、トータル8アンダーの15位まで浮上した西郷は、最終日の3番で1メートルを決めバーディが先行。その後もキレのあるショットでスコアを重ね、前半で4つ伸ばした。

折り返し直後の10番はティショットのトラブルでボギーを叩いたが、11番で1メートル、12番で3.5メートルを沈めた。13番はボギーとしたが、14番でバウンスバックを決め、優勝争いに加わっている。トップから出たヘンダーソンは6番のダブルボギーなどもあり伸ばせず、2位だったユ・ソヨン(韓国)も3番のダブルボギーで後退。西郷が一気に差を詰める展開になっている。

このほかの日本勢は西村優菜、畑岡奈紗がトータル11アンダー、古江彩佳がトータル10アンダーでホールアウトした。

現在トップのヘンダーソンに続き、トータル14アンダーにネリー・コルダ(米国)、キム・セヨン(韓国)。トータル13アンダーの4位タイには西郷、キム・ヒョージュ(韓国)ら5人が並んでいる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>