<大東建託・いい部屋ネットレディス 最終日◇24日◇滝のカントリークラブ(北海道)◇6560ヤード・パー72>

地元・北海道で貫禄の勝利だ。34歳・菊地絵理香が最終日に4バーディ・1ボギーの「69」をマーク。トータル20アンダーで逃げ切り、今季初優勝、ツアー通算5勝目を挙げた。


平均パット「28.00」は小祝さくらに次ぐ2位で、オデッセイ『2ボールイレブン』で見事なパッティングを披露した菊地。同パターの良いところは?と問われるも「とりあえず今はそのパターがいい感じですけど、またすぐ感覚がよくなくなることもあるので」と、控えめなコメント。今季複数のパターを使った経緯もあるだろうか。

ハードヒッター向けのドライバー『TSi4』、アイアンはやさしい『T300』を選んでいる。その理由について「ドライバーは小さいヘッドが好きなので。アイアンも小さいのが好きですけど、飛ばなくなるので中ぐらいのものを選んで使っています」と今大会全体で7番目となるパーオン(72回中60回)を決めた立役者について話した。

【菊地絵里香の優勝セッティング】
1W:タイトリストTSi4(10°スピーダーNX50SR)
3,5W:プロギアRS5(15,18°スピーダー569エボ6 S)
3,4,5U:タイトリスト816H1(21,25,27°スピーダー569エボ2 S)
7I〜PW:タイトリストT300(N.S.PRO Zelos7 S)
A,SW:タイトリスト ボーケイSM9(46,51,57°N.S.PRO Zelos8 S)
PT:オデッセイ2-BALL ELEVEN CH(STROKE LAB GREEN)
BALL:タイトリストPro V1x

<ゴルフ情報ALBA.Net>