米国男子ツアー「3Mオープン」が終わり、年間ポイントレース『フェデックスカップランキング』の最新順位が発表された。


トップ10に変動はなく、1位スコッティ・シェフラー(米国、3556pt)、2位キャメロン・スミス(オーストラリア、2335pt)、3位サム・バーンズ(米国、2275pt)、4位ザンダー・シャウフェレ(米国、2153pt)、5位にローリー・マキロイ(北アイルランド、2104pt)と続いている。

3Mオープンで今季初優勝を挙げたトニー・フィナウ(米国)は1412ptとして、30位から17位にジャンプアップ。同大会を左手首痛のため初日ホールアウト後に棄権した松山英樹は、1697ptで変わらず8位。そのほかの小平智は182ptで1ランクアップの163位、今田竜二が2ptで246位につけている。

レギュラーシーズン終了時点でのフェデックスカップランキング上位125位までが来季のシード権を獲得するとともに、3試合で構成されているプレーオフシリーズに進出。最終戦の「ツアー選手権」では順位に応じた特別ボーナスが与えられる。昨年王者のパトリック・キャントレー(米国)はボーナスとして1500万ドル(約16億円)を手にした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>