海外では女子メジャー大会「アムンディ エビアン・チャンピオンシップ」が開催され、日本勢が存在感を示した。国内女子ツアーはオープンウィーク明けの後半戦がスタート。それらの試合を振り返る。


■女子メジャー「アムンディ エビアン・チャンピオンシップ」(7月21〜24日、フランス・エビアン・リゾートGC、賞金総額450万ドル=約6億2000万円)

フランスで行われた海外メジャー第4戦は、西郷真央が大奮闘。最終日に9バーディ・2ボギーの「64」の猛チャージで、トータル15アンダーの3位タイで大会を終えた。ホールアウト時点ではトップに並び、メジャー優勝の可能性を残していたが、惜しくも偉業達成は叶わなかった。

トータル17アンダーで制したのは“カナダの妖精”と呼ばれるブルック・ヘンダーソン(カナダ)。通算12勝目、そしてメジャー2勝目を挙げ、カナダ勢として男女通じて初となるメジャー複数回優勝を達成した。

1打差の2位はソフィア・シューバート(米国)。3位には西郷のほか、リディア・コ(ニュージーランド)、キム・ヒョージュ(韓国)、チャーリー・ハル(イングランド)、カルロタ・シガンダ(スペイン)の5人が並んだ。

このほかの日本勢は西村優菜、畑岡奈紗がトータル11アンダーの15位タイ、古江彩佳がトータル10アンダーの19位タイで4日間を終えた。笹生優花、渋野日向子は予選落ちとなった。

今週は「AIG女子オープン(全英女子)」の“前哨戦”。「トラストゴルフ・スコティッシュ女子オープン」(7月28〜31日)が行われる。米ツアーメンバー4人がエントリー。エビアン組では西郷、西村は出場しない。

■国内女子「大東建託・いい部屋ネットレディス」(7月21〜24日、北海道・滝のカントリークラブ、賞金総額1億2000万円)

1週間のオフを挟み、国内女子ツアーは2週間ぶりにトーナメントが開催された。その北海道戦は、菊地絵理香がトータル20アンダーで逃げ切り今季初優勝。北海道苫小牧市出身の菊地は、節目となるツアー5勝目を地元Vで遂げた。

トータル19アンダー・2位に三ヶ島かな。トータル18アンダー・3位に、北海道北広島市出身の小祝さくらが続く。山下美夢有はトータル13アンダーの5位タイと、6戦連続トップ5入り。稲見萌寧はトータル12アンダー・7位タイ、六車日那乃(むぐるま・ひなの、日本ウェルネススポーツ大)がトータル2アンダー・43位タイでローアマチュアを獲得した。

今週は舞台を兵庫県に移し、「楽天スーパーレディース」(7月28〜31日、東急グランドオークゴルフクラブ)が行われる。

■米国男子「3Mオープン」(21〜24日、米ミネソタ州・TPCツインシティーズ、賞金総額750万ドル=約10億3500万円)

今年で4回目の開催となった「3Mオープン」は、トニー・フィナウ(米国)が5打差を逆転し、トータル17アンダーで優勝。昨年8月の「ザ・ノーザン・トラスト」以来となるツアー3勝目を挙げた。

首位と3打差、トータル14アンダーの2位タイにエミリアーノ・グリジョ(アルゼンチン)とイム・ソンジェ(韓国)。トータル13アンダーの4位タイにトム・ホージ、スコット・ピアシー、ジェームス・ハーン(いずれも米国)が続く。

日本勢は、小平智がトータル2オーバー・64位タイでフィニッシュ。松山英樹は初日「77」でホールアウト後、左手首痛により棄権した。ケガの状態が心配される。

今週は「ロケット・モーゲージ・クラシック」(7月28〜31日、米ミシガン州・デトロイトGC)が行われる。小平が連戦に臨む。

■欧州男子「カズークラシック」(21〜24日、イングランド・ヒルサイドGC、賞金総額175万ユーロ=約2億4500万円)

トータル14アンダーまで伸ばしたリッチー・ラムゼイ(スコットランド)が、15年「ハッサン2世トロフィー」以来7年ぶりとなるツアー3勝目を挙げた。1打差の2位にポール・ウォーリン(イングランド)、2打差の3位タイには首位から出たジュリアン・ガリエ(フランス)ら5人が入った。

日本勢は川村昌弘と金谷拓実が出場したが、いずれも予選落ちを喫した。

今週は米女子と同じくスコットランドで「ヒーローオープン」(7月28〜31日、フェアモント セントアンドリュースGC)が開催される。

<ゴルフ情報ALBA.Net>