今季の海外女子メジャー第4戦となった「アムンディ エビアン・チャンピオンシップ」で126位タイに終わり予選落ちを喫した渋野日向子。これで今季12試合に出場しトップ10が3回に予選落ちが4回。優勝もあれば、下位低迷もあるという戦いぶりだ。


ここまでの部門別の数字を見ると、突出して悪いのがパッティング。1ラウンドあたりの平均パット数は「30.49」で115位。“壁ドン”と呼ばれた強気なパッティングで2019年の国内ツアーでは、ツアーこそ違えど5位。最後の仕上げとなるグリーン上での苦悩が続いている。

パーオンしたホールでの平均パット数でも19年の国内ツアー2位に対して、今季米ツアーでは75位。米ツアーのスポット参戦が多く順位はついていないものの、国内20-21年は8位相当。芝質の問題や、傾斜の入り組んだ難グリーンが多い米ツアー。ここの低迷が成績に直結しているといえそうだ。

今季初の予選落ちとなった4月の「パロス・ベルデス選手権」ではパッティングの悩みを打ち明け、初日終了後には肩を震わせ涙を浮かべながらパッティング練習をした。苦手意識を持つ目の強いポアナ芝に打ちのめされた格好だったが、その後も思い切りのいいパッティングでバーディ量産という姿は見られていない。

先月からはパッティング練習時に使用する新しい器具を導入し、先週のエビアンからは、ついにはパターも替えた。「気分転換というのもおかしいけど」と長らく使ってきたピン型からマレット型に変更。「転がりがいいのもあったし、タッチとラインが合ってくればという感じ」と投入初日は武器になりそうな予感もあった。

大会最初のバーディはやや下りの6メートルを完ぺきにヒットし、見事な回転で壁ドンパットを披露したが、その後はカップに届かないパットも多く、2日目には3パットも2回と精彩を欠いた。ショットにも苦戦したのは確かだが、やはりパッティングで苦しんだ印象が強い。

昨年から取り組んでいるスイング改造は国内2勝で方向性が正しいことを証明。ショット面の数字を見ても、フェアウェイキープ率、パーオン率ともに際立ってよくはないものの、平均以上といえる。それだけに、好不調の波が激しいパッティングのテコ入れが進めば、一気に成績が好転するケースも予想される。

現地時間28日に開幕する「トラストゴルフ・スコティッシュ女子オープン」ではどんなパッティングを見せるのか。そして次週の「AIG女子オープン」(全英)に弾みをつけることができるのか。3年前の全英優勝を決めたあのバーディパットのようなスカッとするカップインで、不振を脱却したい。(文・高桑均)

<ゴルフ情報ALBA.Net>