<日本プロゴルフ選手権 事前情報◇3日◇グランフィールズカントリークラブ (静岡県)◇7219ヤード・パー71>

国内男子ツアーは約1カ月ぶりの開催となる。現在賞金ランキング1位の比嘉一貴は、「全英オープン」などの“欧州遠征”もあり、約2カ月ぶりの国内ツアーとなる。


6月の「BMW 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」で今季2勝目、ツアー通算4勝目を挙げた比嘉。この優勝で欧州男子ツアーの「BMWインターナショナル・オープン」と「全英オープン」の出場権を獲得。「BMW〜」では10位に入り、次戦も欧州ツアー「ホライゾン・アイルランドオープン」の“想定外”の出場権を獲得し、78位ながらも4日間戦った。

「飛行機の変更や宿の手配とか大変でした」と苦笑いしたが、「欧州ツアーの2試合は日本のコースとそんなに差がなく何とかやれたと思うんですけど、(予選落ちした全英オープンの)セント・アンドリュースになると場数が足りないというのを感じた。積極的に海外の試合でコースを回ることは大切かなと思いました」と、いい刺激を受けてきた。

もともと海外志向は強く、大学の先輩の松山英樹からも「海外に出た方がいいとは常々言われている」ところ。これまで欧米ツアーの予選会には挑戦の意志はあったが、コロナの影響もあり断念したこともある。「やっと収まってきて挑戦できるのかなというところなので、もう少し考えます」。

8月17日時点での国内ツアーの賞金ランキング上位20位以内で希望上位3名は欧州ツアー最終予選から受けられる。10月10日時点での同賞金ランキング5位以内であれば米下部ツアーの最終予選から受験可能だ。今の位置を保っていれば海外挑戦のチャンスは訪れる。しかし「賞金王のチャンスもあるので…」と迷いもある。

国内メジャー連勝がかかる今大会。「めちゃくちゃ調子がいいわけではありませんが、このコースは苦手と感じるホールがないし、練習ラウンドではいい感触です」。海外挑戦の選択肢を残すためにも、賞金王レースを優位に進めるためにも上位に入りたい。(文・小高拓)

<ゴルフ情報ALBA.Net>