<AIG女子オープン 初日◇4日◇ミュアフィールド(スコットランド)◇6680ヤード・パー71>

今季最後の海外メジャー「AIG女子オープン」(全英)は初日の競技が終了。2019年大会の覇者・渋野日向子が8バーディ・2ボギーの「66」を叩き出し、6アンダーで単独首位発進を決めた。


1打差の2位にジェシカ・コルダ(米国)、2打差の3位タイにはルイス・ダンカン(スコットランド)とガビー・ロペス(メキシコ)。3アンダーの5位タイには「全米女子オープン」覇者のミンジー・リー(オーストラリア)や「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」覇者のチョン・インジ(韓国)ら5人がつけている。

日本勢は海外メジャー初出場の山下未夢有が2アンダーの10位タイ、畑岡奈紗がイーブンパーの26位タイ、堀琴音、西郷真央、高橋彩華が1オーバーの44位タイと上々の立ち上がり。アマチュアの橋本美月は2オーバーの56位タイ、強行スケジュールでの参戦となった勝みなみは3オーバーの74位タイにつけている。

前哨戦となる「トラストゴルフ・スコティッシュ女子オープン」を制した古江彩佳、メジャー2勝目を狙う笹生優花は4オーバー・86位タイ、西村優菜が6オーバーの118位タイ、藤田さいきが9オーバーの140位タイと出遅れるかたちとなった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>