<AIG女子オープン 2日目◇5日◇ミュアフィールド(スコットランド)◇6680ヤード・パー71>

予選ラウンドの2日間が終わり、トータル3オーバー・60位タイまでに入った65人が、6日から行われる決勝ラウンドへコマを進めた。


トータル8アンダーで単独首位に立ったのはチョン・インジ(韓国)。「66」とスコアを伸ばし、今年6月の「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」に続く今季メジャー2勝目に向け前進した。1打差の2位タイにはアシュレー・ブハイ(南アフリカ)とマデリーン・サグストロム(スウェーデン)の2人が続く。

日本勢は、2日目に1イーグル・3バーディ・2ボギーの「68」をマークした山下美夢有が、トータル5アンダーまで伸ばし5位タイに浮上。初日を単独首位で終えた渋野日向子は「73」と落とし、トータル4アンダーの7位タイに後退した。堀琴音、畑岡奈紗はともにトータル2アンダー・17位タイで決勝に進む。

先週、米ツアー初優勝を挙げた古江彩佳はトータル4オーバー・66位タイ。カットラインに1打及ばず予選落ちとなった。西村優菜もトータル4オーバー。西郷真央は4つ落としてトータル5オーバー・83位タイ、高橋彩華は5つ落としてトータル6オーバー・93位タイで決勝を逃した。

トータル6オーバーの笹生優花、トータル7オーバー・103位タイのアマチュア橋本美月(東北福祉大2年)、トータル10オーバー・124位タイの勝みなみ、トータル19オーバー・142位タイの藤田さいきも予選落ち。12人が出場した日本勢のうち4人が決勝ラウンドに進出した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>