<AIG女子オープン 2日目◇5日◇ミュアフィールド(スコットランド)◇6680ヤード・パー71>

耐えに耐えて踏ん張った。首位から出た渋野日向子は1バーディ・3ボギーの「73」とスコアを2つ落としたが、トータル4アンダーの7位タイにとどまり、決勝ラウンドへと進む。


4日間大会で決勝ラウンドを戦うのは4月の「DIOインプラントLAオープン」以来、約3カ月ぶり。「うれし〜、ですね(笑)」と素直な感想を述べ、上位で戦える3日目進出を喜んだ。

初日は3連続バーディ発進を決めたが、2日目はいきなりピンチ。ティショットが右のラフ、さらに2打目もグリーン左に落ちた。そこから寄らず入らずのボギー。すると続く2番でも立て続けにピンチが訪れる。またしてもティショットを右ラフに打ち込むと、グリーンを狙うショットはグリーンオーバー。そこからパターでの3打目は3メートルショートする。ところが、これを強気で沈め、悪い流れを食い止めた。

「2番のパーパットを決めたところから、よかったと思います。昨日はロングパットのタッチが合わずに苦戦して1個ボギー。きょうはかなりロングパットが多かったけどよかった」。その後も10メートル級のバーディパットを寄せて、1.5〜2メートルのパーパットを決め続けた。

6番まではドライバーのティショットがすべて右。404ヤードのパー4と長いその6番こそ、セカンドも距離が残り、かろうじて奥に乗ったところから3パットを喫したが、7番のパー3でもロングパットを2パットでしのいだ。さらには8番パー4でも10メートル以上の距離から2メートルオーバー。しかしこれもねじ込み、ギリギリで踏ん張る。

すると直後の9番パー5で初めてのバーディ。「あそこで獲らないと切り替えられない」と上りのラインをしっかりと打ち切った。1オーバーでハーフターンし、勢いをつけたかったが、その後もセカンドショットが寄らずに苦戦。10番も3メートルのパーパットでしのいだ。

ここからも展開は同じ。長いパットを2パットで収めるなかで、14番パー4ではこの2日間で初めてポットバンカーにつかまった。そこから出すだけでボギー。そして前半と同じく2パットを繰り返した。

それでも渋野の表情はスッキリとしている。「本当にきょうはキレずに耐えたなと思うし、少しは変われたからこそ、この位置にいられるのかな」。2週前の「アムンディ エビアン・チャンピオンシップ」は126位タイで予選敗退し、先週も予選落ち。そこから立て直すことができたのは、大きな収穫だ。

4月の「シェブロン選手権」では予選ラウンドを首位で終えたが、3日目に失速。「シェブロンの3日目より、まったく緊張はしなかった。逆に冷静にできたけど、ゴルフは日替わり」。あの失速があったからこそ、今回は気持ちの波もなく、ミスを最低限に抑えることができた。

「最後まで楽しんでやりました」と、この日のラウンド中は常に笑顔でキャディと話しながら明るくラウンド。スコアを2つ落としたことを感じさせないような雰囲気だった。首位とは4打差から始まる決勝ラウンド。実り多かったこの2日目の内容が、3年ぶりの大会2勝目へとつながることだって十分ありそうだ。(文・高桑均)

<ゴルフ情報ALBA.Net>