<AIG女子オープン 最終日◇7日◇ミュアフィールド(スコットランド)◇6680ヤード・パー71>

今季最後の海外メジャー「AIG女子オープン」は最終日の競技が進行中。堀琴音に続いて日本勢二番手で登場したのは畑岡奈紗。4日間で一番の強風が吹く中で、いつものようにピョンピョンと軽くジャンプして放った畑岡の1番のティショットは、フェアウェイのど真ん中へ。ユーティリティで打った2打目をグリーン右手前のバンカーに入れるも、これをしっかり寄せてパーをセーブした。畑岡は現在、トータル2アンダー・21位タイとなっている。


畑岡より約1時間早くスタートしている堀琴音は、4番までパーを並べて迎えた5番パー5で、2打目を1ピンにつけてイーグル! トータル3アンダーとして現在15位タイに浮上してきている。この後、トータル5アンダー・6位タイの山下美夢有は、午後11時20分にスタートを予定している。

そして、トータル9アンダー・2位タイの渋野日向子は、首位のアシュレー・ブハイ(南アフリカ)と最終組で午後11時50分にティオフを迎える。渋野に5打差をつけているブハイが逃げ切るのか、それとも渋野が逆転するのか、3年前に渋野が勝ったときと同じ2人の最終日最終組で火花を散らす。

<ゴルフ情報ALBA.Net>