<フェデックス・セントジュード招待 事前情報◇9日◇TPCサウスウインド(米テネシー州)◇7243ヤード・パー70>

米国男子はレギュラーシーズンを終え、いよいよ年間王者を決めるプレーオフシリーズに突入。初戦はフェデックスカップポイントランク上位125名のみが出場できる「フェデックス・セントジュード招待」。その予選ラウンドの組み合わせが発表された。


9年連続でプレーオフ進出を決めた日本勢唯一の出場となる松山英樹はウィル・ザラトリス(米国)、イム・ソンジェ(韓国)と同組に。前戦の「3Mオープン」では初日ラウンド終了後に左手首痛により棄権していることもあり優勝予想ランキングに選出されなかったが、9年連続で最終戦に出場中。今年もプレーオフの強さを見せてほしい。

そのほかの組み合わせもランキング順で決まり、フェデックスカップポイントランク1位のスコッティ・シェフラー(米国)は同2位のキャメロン・スミス(オーストラリア)、同3位のサム・バーンズ(米国)との組み合わせ。ローリー・マキロイ(北アイルランド)はザンダー・シャウフェレ、パトリック・キャントレー(いずれも米国)とティオフする。

プレーオフ2戦目の「BMW選手権」へは今大会の終了時の同70位まで、最終戦の「ツアー選手権」には2戦目の上位30名が出場する。「ツアー選手権」では順位に応じた特別ボーナスが与えられ、優勝者には1800万ドル(約24億円)のボーナスが付与される。

<ゴルフ情報ALBA.Net>