<シモーネ・アジアパシフィックカップ 初日◇18日◇ポンドック・インダGC(インドネシア)◇6806ヤード・パー72>

「楽しかったです」。ツアー競技とは違い姉妹で初めてペアを組む“特別な3日間”の初日が終わった。薄い紫とピンクと同系色のウェアに身を包み、そのウェアとキャップに日の丸をつけた「チームジャパン1」の渋野日向子、暉璃子さんペア。日向子は「73」で14位タイ、暉璃子さんは「75」で24位タイ。スコアには満足できなかったが、同じフィールド、同じ組で戦えたことを喜んだ。


日向子は2番パー4で3メートル、4番パー4では2メートルを沈めてバーディを奪うなど、ピン方向に飛んで行くショットが多く、チャンスメイクをする。

しかし、3番、6番で3パットのボギーとするなど、グリーン上に苦戦してスコアを伸ばしきれずイーブンパーで折り返す。14番パー5でバーディとして1アンダーで迎えた最終18番パー5でワナにはまった。

練習ラウンド、プロアマと2日続けて雷雲接近により中断。「18番だけ練習ラウンドできていなくて」と渋野にとって未知のホール。グリーン手前から池が絡むホールで、やや左ドッグレッグ。「レーザーを当てて大丈夫だろう」と思って打った2打目は池ギリギリの深いラフに落ちた。

「とりあえず行ってみようと思ったけど無理やった」。グリーン方向を狙った3打目はラフに食われ10ヤードほど飛んだ程度で再び深いラフ。4打目は数転がりする程度で、5打目で横のフェアウェイに出して、6オン1パットのダブルボギーフィニッシュ。

「もう何もかも忘れました。イライラしかない」と、後半はピンチをしのぐなどスコアメイクをして、アンダーパーで1日を終えようとしていた最後にスコアを落とした。「練習ラウンドは大事ですね。残念です」と唇をかんだ。

普段のラウンドと違ったのは横にいた妹の存在。「今までで一番(同伴者の)プレーをみとった」。アマチュアながらプロの試合に初出場した暉璃子さんが、いいショット、パットをすれば「ナイス」などと大きな声で“親心”を見せた。

「いつもと変わらんなって思いました。もともと緊張しないタイプだから普段通りって感じでしたね。ドライバーで2回勝てたのはよかったです」。姉を30ヤードアウトドライブするという前評判どおり、姉を何度も越えるなどショット力を発揮した。2ホールで日向子が前に行くと、小さくガッツポーズを見せるシーンもあった。

ギャラリーが入るプロの試合でも、物怖じせずに堂々とプレーした暉璃子さん。「練習ラウンドのときよりドライバーの感触がよくて、アイアンも真っすぐショットは飛んでくれました」とショットには及第点を付けたが、「パターがちょっとやばすぎて。微妙な距離のパーパットが何回も入ってパーを拾えたのはよかった」。ファーストパットで1.5〜2メートルオーバーすることが多く、しびれるパーパットを何度も沈めた。「完璧でしょ。ようやったが、とりあえず1日目クリア!」と日向子は妹の初陣に合格点をつけた。

チームスコアは4オーバー。首位のユ・ソヨン、イボミペアの「チーム韓国2」が12アンダーと大差が開いている。「4オーバー。明日からがんばろうか」と渋野は自分を鼓舞するように妹にも声をかけた。(文・小高拓)

<ゴルフ情報ALBA.Net>