<アルバートソンズ ボイジーオープン 初日◇18日◇ヒルクレストCC(アイダホ州)◇6880ヤード・パー71>

来季のPGAツアー出場権をかけたコーンフェリー(米下部)ツアーファイナルズの初戦が開幕。日本勢唯一の出場となる小平智は、初日を9バーディ・2ボギーの「64」で回り、7アンダーの3位タイで滑り出した。


10番からスタートすると前半だけで5つのバーディを奪い、4アンダーで折り返し。18番から後半の4番までに5連続バーディもマークしての好発進となった。

10アンダーでトップに立つフィリップ・ノウルズ(米国)とは3打差。8アンダーの2位には、米女子ツアーで活躍するミンジー・リー(オーストラリア)の弟・ミンウー・リーが続いている。

昨季日本ツアー賞金王のチャン・キム(米国)も出場。こちらはイーブンパー・106位タイからのスタートになった。

■コーンフェリーツアーファイナルズ
PGAツアーの来季シード権を逃したフェデックスカップポイントランキングの126位〜200位までの選手と、下部ツアーのポイントランク上位75人らが出場。全3試合が行われ、その合計獲得ポイントによってランク付けされる。今季の下部ツアーランクで1位になったヤン・イェチュン(中国)ら上位25名は、すでに来季のPGAツアー出場権を確保。この3試合では出場優先順位を上げることを目指す。これ以外のポイント上位25名に、新たに出場権が与えられる。小平はこの枠への滑り込みを狙っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>