<ファンケルクラシック 事前情報◇18日◇裾野カンツリー倶楽部(静岡県)◇6985ヤード・パー72>

きょうから3日間、国内シニアツアーの夏の祭典「ファンケルクラシック」が開催される。夏休みということもあって、3組の息子と娘がお父さんのバッグを担いでロープの中からサポート。仲の良い姿を見せている。


細川和彦のバッグを初めて担ぐのは、次男で大学1年生の和秋さん。長男で大学4年生の和広さんは今年の関西オープンに出場していたが、和秋さんは意外にも大学に入ってゴルフを始めたばかり。にも関わらず、父親のDNAなのか、4日前に大利根カントリークラブのバックティから「88」をマークして、ゴルフ歴4カ月にして90切りを達成。それが4ラウンド目だというから驚くばかりだ。

父の和彦は、「ゴルフ始めて4カ月だけど、自分よりも飛びますよ。270〜280くらい。センスがいいです。途中でダメだったら代わりに打ってもらおうかな」と冗談を飛ばす。どうやって短期間にそんなに上手くなれたのか。「お父さんがいる日は週4回打ちっぱなしで練習しました。わからないときはお父さんとお兄ちゃんに聞けるので環境はいいですね」と和秋さんは話す。

大学では『スポーツ健康科学』を専攻し、将来はトレーナーを目指している。「小学校のときはサッカーをしていて骨折とか怪我が多かった。そのときトレーナーの方にケアしてもらって、いいなと思った」のがきっかけ。ちなみに、中学高校では怪我を防止する目的でコンタクトスポーツではない卓球部に所属。茨城県大会ではベスト32の成績だった。

卓球でスピンをかけていたせいか、得意クラブは60度のウェッジ。「庭でアプローチばっかりやっている」と父は笑う。ゴルフを始めて1年以内に「70台を出したい」、「上手くなったら競技にも出てみたい」と和秋さんは完全にゴルフにハマっている様子。大会の3日間は、実戦のなかででコースマネジメントを学ぶ上でも充実した時間となりそうだ。

そして、シニアルーキーの横田真一のバッグを担ぐのは、長男の知己さん。現在、大学2年生で今年の箱根駅伝を制した青山学院大学陸上部(長距離ブロック)に所属している。ゴルフは「4年くらいはまともに練習していない」が、高校1年生のときに「75」のベストスコアを出した腕前だ。いまは、陸上部の夏合宿の合間でちょうど空いていて、父親のキャディは「前からやってみたかった」という。父親のプレーは何度も観戦したことがあるが、ロープの中から見るのは初めてだ。

知己さんが小さいときは『恐竜図鑑』よりも『選手名鑑』を見て育った。出身地や勝利数はいまでも頭に入っている。「周りにいるのが(名鑑に載っていた)すごい選手ばっかりなので楽しみです」とワクワクして初キャディに臨む。

最後は父と娘の組み合わせ。矢澤直樹のバッグを担ぐのは高校3年生の未羽さん。昨年大会でも父のキャディを務めていた。高校ではゴルフ部に所属していて、将来はティーチングプロを目指している。練習日には、ポロシャツは紺、ベルトとパンツは白で合わせてペアルックで登場し、仲良く写真に収まった。矢澤親子にとっても楽しい“夏休み”の思い出の1ページとなりそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>