9月6日の米東部時間午前9時に、プレジデンツカップの世界選抜チームを率いるトレバー・イメルマン(南アフリカ)がキャプテン・ピックの6選手を発表。うち5人がルーキーというニューカマーのチームが誕生した。


「この日を楽しみに待っていた」という言葉で始まったイメルマンの会見では、すぐさま選手の名が読みあげられた。

イ・キョンフン(韓国)
テイラー・ペンドリス(カナダ)
セバスチャン・ムニョス(コロンビア)
クリスチャン・ベザイデンハウト(南アフリカ)
キャメロン・デービス(オーストラリア)

このプレジデンツカップ初出場組に加え、キム・シウー(韓国、2017年出場)もチームに加わる。ポイントによって出場が決まっていた松山英樹のほか、イム・ソンジェ、キム・ジュヒョン(ともに韓国)、コリー・コナーズ(カナダ)、ミト・ペレイラ(チリ)、アダム・スコット(オーストラリア)とともに米国撃破を狙う。

「選手全員がこの出場にとてもエキサイトしている」とイメルマンはつけ加える。本来、世界選抜は8名のポイント選手と4名のキャプテン選出で構成されるのだが、それが6名になったのには理由がある。先週の「LIVゴルフ」でデビュー戦を飾ったキャメロン・スミス(オーストラリア)とホアキン・ニーマン(チリ)が、PGAツアーからメンバー停止となり、この出場資格も失ったためだ。

これ以前にLIVゴルフへの移籍でエイブラハム・アンサー(メキシコ)、カルロス・オルティス(メキシコ)、ルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)の候補選手も失った世界選抜チーム。しかしイメルマンは「我々は勝利に飢えている」と語気を強める。

1994年に始まった同大会は、ライダーカップに出場できない欧州勢以外が結束して米国チームと対戦するというもの。しかし過去1勝11敗1分けと、大国に大差をつけられている。スミスの名前が消えた今、エースとなる日本の松山英樹や、韓国勢3名が加わった4人のアジア勢にとって、ベテランのスコットの存在は心強いだろう。

「みなが想像できるように、ギリギリまで何が起こるか分からずこの選出は本当に流動的だった」とイメルマンはもらす。チームを去ったスミスとニーマンからは「もちろん直接連絡をもらった。2019年、ロイヤル・メルボルン(オーストラリア)で敗退してから、勝ちたいという思いを募らせてきた。しかし彼らはプレジデンツカップに出場できなくなるリスクを承知で(LIV行きの)選択をした。彼らは私の立場を尊重してくれたし、結果、最高のチームで戦いに臨めると思っている」と“雨降って地固まる”を強調する。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>