アイアン部門の売り上げランキングでは今年4月に発売された『ステルス』が1位で、2月に発売された『i525』が2位と、上位には今年発売のモデルが並んでいる。その中で注目したいのは7位の『ミズノプロ225』。このモデルは昨年10月に発売されたモデルだが、約1年が経過しても売れ続けている。その理由をPGAツアースーパーストア入間店の宮原伸悟さんに聞いた。


「当店でも『ミズノプロ225』はすごく人気がありますし、今でも週末は試打、フィッティングの予約でいっぱいになってしまうこともあります。最近のアイアンで、ここまで長く人気が続くモデルは珍しいです」

人気の要因はどこにあるのか?

「このアイアンはフィッティングを前提としたモデルなのですが、アマチュアゴルファーにも“ミズノのアイアンはフィッティングをして購入できる”ということが段々と浸透してきたと思います。だから『ミズノプロ225』に関しては試打の予約よりも、フィッティングの予約がはるかに多いです」

シリーズの中でも『225』がよく売れる理由は?

「今は『225』のようにブレードのような形状でも、中空構造になっていて、やさしさがあるというのが売れるアインのトレンドになっています。だから王道のマッスルバック形状の『221』を難しいと感じた人でも『225』なら使える人が多かったのではないでしょうか」

最近のミズノは『JPXシリーズ』も好調で、『ミズノプロ』もロングセラー。アイアンでも海外ブランドが隆盛を極めるなか、国内メーカーとして存在感を発揮している。

■アイアン売り上げランキングトップ3
1位 テーラーメイド ステルス
2位 ピン i525
3位 ダンロップ ゼクシオ12

※データ提供/矢野経済研究所

<ゴルフ情報ALBA.Net>