<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 最終日◇11日◇城陽カントリー倶楽部(京都府)◇6555ヤード・パー72>

女子プロNO.1決定戦は、最終ラウンドが終了した。ルーキーの川崎春花が1イーグル・6バーディ・ボギーなしの「64」をマーク。トータル16アンダーで4打差を逆転し、ツアー初優勝を19歳133日での大会史上最年少Vで飾った。


メジャーV年少記録としては、17歳263日、18歳261日で「日本女子オープン」を2度制した畑岡奈紗に続く史上3番目。2014年の鈴木愛に続く大会史上4人目となる初出場Vとなり、予選会を突破しての優勝は大会史上初となった。

トータル13アンダー・2位に山下美夢有。トータル12アンダー・3位に菅沼菜々、トータル11アンダー・4位タイには森田遥、ささきしょうこ、ルーキー・佐藤心結が入った。

2週連続Vを狙ったセキ・ユウティン(中国)はトータル10アンダー・7位タイ。昨年覇者の稲見萌寧はトータル7アンダー・19位タイで4日間を終えた。

【最終ラウンドの上位成績】
優勝:川崎春花(-16)
2位:山下美夢有(-13)
3位:菅沼菜々(-12)
4位T:森田遥(-11)
4位T:ささきしょうこ(-11)
4位T:佐藤心結(-11)
7位T:セキ・ユウティン(-10)
7位T:西郷真央(-10)
7位T:ペ・ソンウ(-10)

<ゴルフ情報ALBA.Net>