国内女子ツアーにはニューヒロインが誕生。プロ1年生の19歳が、記録ずくめのツアー初優勝を遂げた。3ツアー共催で行われた国内男子ツアーは“小さな巨人”が意地の日本勢V。先週のツアーを一挙に振り返る。


■国内女子ツアー「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」(8日〜11日、京都府・城陽カントリー倶楽部、賞金総額2億円)

女子プロNo.1を決める戦いは、最終日に1イーグル・6バーディの「64」でプレーした19歳・川崎春花が、トータル16アンダーまで伸ばして4打差逆転優勝。ツアー初優勝をメジャー大会で飾った。

川崎は昨年11月のプロテストに合格したばかりで、今大会には予選会を突破しての出場。大会史上最年少優勝、初出場で優勝、地元京都府での優勝など、記録ずくめの勝利となった。

5月のツアー公式戦を制しメジャー連勝がかかっていた山下美夢有が3打差の2位。トータル12アンダー・3位に菅沼菜々、トータル11アンダー・4位タイには森田遥、ささきしょうこ、川崎と“同期”のルーキー・佐藤心結(みゆ)が続いた。

2週連続Vをねらったセキ・ユウティン(中国)はトータル10アンダーで7位タイ。大会連覇に臨んだ稲見萌寧はトータル7アンダー・19位タイで終えた。

今週は16日(金)から、愛知県・新南愛知カントリークラブ美浜コースで「住友生命Vitalityレディス 東海クラシック」が開催。日本勢37年ぶりに「全米女子アマ」を制したアマチュアの馬場咲希が出場することにも注目が集められている。

■国内男子ツアー「Shinhan Donghae Open」(8日〜11日、奈良県・KOMAカントリークラブ、賞金総額1億3692万円)

日本、アジア、韓国の3ツアー共同主管大会として行われた一戦。比嘉一貴が「65」をマークし、5打差を逆転。今季3勝目(通算5勝目)を挙げた。

共同主管大会“初優勝”を遂げた比嘉は、韓国ツアーとアジアンツアーのメンバーカードも獲得。両ツアーのシード権を手にした。

最終日を単独トップで迎えて3番パー5でアルバトロスを達成したティラワット・ケーオシリバンディット(タイ)は、出入りが激しいプレーで伸ばせず、ジャスティン・シン(カナダ)、チョ・ミンギュ(韓国)と並ぶトータル18アンダー・2位タイに終わった。

トータル17アンダーの5位タイにはルーキー・河本力、米ツアー3勝を挙げているキム・シウー(韓国)ら4人が続いた。

今週は15日(木)から、北海道の札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コースで「ANAオープン」が行われる。LIVゴルフに参戦している昨年覇者のスコット・ビンセント(ジンバブエ)はエントリーしていない。

■米国女子ツアー「クローガー・クイーンシティ選手権」(8〜11日、米オハイオ州・ケンウッドCC、賞金総額175万ドル=約2億5000万円)

新規大会として開催され、初代女王に輝いたのはアリー・ユーイング(米国)。今季初優勝、20年以来となるツアー通算3勝目を挙げた。

1打差の2位にリン・シユ(中国)、6打差の3位にマリア・ファッシ(メキシコ)、8打差の4位にイ・ジョンウン6(韓国)が続いた。

日本勢はトータル7アンダーの20位タイに入った畑岡奈紗が最上位。笹生優花がトータル5アンダーの33位タイ、上原彩子がトータル3アンダーの42位タイ。古江彩佳は最終日に「76」と落とし、トータルイーブンパーの58位タイに終わった、渋野日向子、野村敏京は予選落ちを喫した。

今週は15日(木)から、米オレゴン州で「ポートランドクラシック」が行われる。畑岡はディフェンディング大会を翌週に控えてスキップ。渋野、古江ら5人が出場する。

■欧州男子ツアー「BMW PGA選手権」(8〜11日、イングランド・ウェントワースGC、賞金総額800万ドル=約11億3000万円)

ロレックスシリーズとして行われた欧州ツアーの旗艦大会。LIVゴルフ勢が多数出場し、開幕前からPGAツアー勢との舌戦が繰り広げられる波乱の幕開けに。また、大会初日の8日(木)には英国女王・エリザベス2世が死去したことを受けて競技が中断。2日目は中止となって、54ホールの短縮競技となった。

トータル17アンダーまで伸ばしたシェーン・ローリー(アイルランド)がタイトル獲得。1打差の2位タイにはLIV勢を批判したPGAツアーのふたり、ローリー・マキロイ(北アイルランド)とジョン・ラーム(スペイン)が続いた。2打差の4位にはLIV勢のテイラー・グーチ(米国)がつけた。

日本勢で唯一出場した川村昌弘は、トータル11アンダーの11位タイで4日間を終えた。

今週は15日(木)から、イタリアで「DSオートモビルズ イタリアオープン」が行われる。先週に引き続き、マキロイが参戦。川村もエントリーしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>