ウッド部門のシェアはテーラーメイドやキャロウェイなど海外メーカーが1位、2位を争っているが、レディス部門においては『ゼクシオ』が圧倒的な人気を誇っている。ウッド部門のランキングを見るとメンズモデルの『ローグST』や『ステルス』の人気に混じって、『ゼクシオレディス』がドライバー部門で6位、フェアウェイウッド部門で3位、ユーティリティ部門で3位になっている。『ゼクシオレディス』の人気について有賀園ゴルフ・西東京店の山田剛史店長に話を聞いた。


「レディスモデルとして『ゼクシオ』の人気はダントツです。当店でも女性ゴルファーのふたりにひとりは『ゼクシオ』を購入している感じです」

なぜ『ゼクシオレディス』は女性からそれだけ支持されているのだろうか?

「女性ゴルファーはクチコミで評判のいいクラブや、知り合いから紹介されたクラブを素直に購入する傾向が強いんです。だから、知り合いのゴルフ仲間がひとり、『ゼクシオレディス』を使いはじめるとそれが一気に広がるパターンが多いです。お店で試打をしても、打球が上がりやすくて、音も爽快感があるので、試打をした人の購入率も高いです」

メンズモデルの『ゼクシオ』は一時期に比べるとやや元気がないが、レディスモデルとしては今でも絶対王者的な人気を誇っているようだ。

■ドライバー売り上げランキングトップ3
1位 キャロウェイ ローグST MAX
2位 テーラーメイド ステルス
3位 キャロウェイ ローグST MAX D

■フェアウェイウッド売り上げランキングトップ3
1位 テーラーメイド ステルス
2位 キャロウェイ ローグST MAX
3位 ダンロップ ゼクシオレディス

■ユーティリティ売り上げランキングトップ3
1位 テーラーメイド ステルス
2位 ピン G425ハイブリッド
3位 ダンロップ ゼクシオレディス

※データ提供/矢野経済研究所

<ゴルフ情報ALBA.Net>