<山陽新聞レディース 2日目◇17日◇東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ(岡山県)◇6360ヤード・パー72>

国内女子下部のステップ・アップ・ツアーは、第2ラウンドが終了した。賞金ランキング1位に立つルーキー・櫻井心那が8バーディ・1ボギーの「65」をマーク。トータル11アンダー・単独首位に浮上し、今季2勝目に王手をかけた。


トータル10アンダー・2位に宮田成華。トータル8アンダー・3位にルーキー・小林夢果、トータル6アンダー・4位タイには篠原まりあ、山内日菜子が続いた。

プロトーナメント初出場となった渋野日向子の妹・暉璃子(きりこ、明治大2年)は、2バーディ・4ボギーの「74」と2つ落とし、トータル3オーバー・72位タイ。カットラインに2打届かず予選落ちを喫した。

成田美寿々はトータル1アンダー・30位タイで決勝へ。4年ぶりステップ出場の淺井咲希はトータル2オーバー・61位タイで予選落ちとなった。

最終ラウンドが行われるあす18日(日)は悪天候が予想されており、競技を迅速に終わらせるため、セカンドカットを実施。トータル1アンダー・30位タイまでの36人が最終日へ進出となった。なお、予選を通過した46位タイまでの選手にも賞金が加算される。