<ポートランドクラシック 3日目◇17日◇コロンビア・エッジウォーターCC(米オレゴン州)◇6467ヤード・パー72>

米国女子ツアーの「ポートランドクラシック」は3日目のプレーが進行中。首位と4打差のトータル6アンダーからスタートした渋野日向子は出だしでボギーを喫するも3番でバーディを奪うと5番から3連続バーディを奪いスコアを伸ばすと、9番では15メートル以上のパットを決めてバーディ。トータル10アンダーとした。


2日目はショットが荒れ、曲げるシーンも目立ったが、それでもひとつ伸ばした。この日はショットを修正し、パッティングも安定してしっかりと沈めている。

同組の上原彩子は2番パー3でホールインワンを達成するなど前半をイーブンパーとし、トータル6アンダーで後半に入った。

首位と2打差からスタートした古江彩佳は6番を終えて3バーディ。トータル11アンダーで単独首位に躍り出た。

<ゴルフ情報ALBA.Net>