<ANAオープン 最終日◇18日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(北海道)◇7063ヤード・パー72>

国内男子ツアーの最終ラウンド。石川遼、大槻智春がトータル19アンダー・首位でホールアウトし、優勝の行方はプレーオフ(18番パー4繰り返し)へと持ち込まれている。


石川は2019年の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」以来の通算18勝目を狙う。対する大槻は3年ぶりとなる2勝目がかかる。

トータル18アンダー・3位に池田勇太。トータル16アンダー・4位タイに久常涼と時松隆光、トータル15アンダー・6位タイに木村太一、ジャスティン・デロスサントス(フィリピン)が入った。

前週Vの比嘉一貴はトータル11アンダー・20位タイ。今季国内初出場の小平智はトータル6アンダー・39位タイで4日間を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>