国内女子ツアーは、今週23日(金)に宮城県の利府ゴルフ倶楽部で「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」が開催する。トーナメント唯一の東北戦だが、試合終了後には、今シーズン残りのトーナメント出場にかかわる“リランキング”が実施。シーズン終盤戦の出場権を死守できるか、激戦が繰り広げられる。


通年のシード権を持たない選手をメルセデス・ランキング上位順に並び替え、その順位に基づき出場優先順位の見直しが行われるリランキング。第1回リランキングは7月の「ニッポンハムレディスクラシック」終了時点で行われ、今回は2回目。3日間大会でポイント配分は決して大きくはないが、上位フィニッシュをすることができれば、一発逆転ももちろんありうる。

ミヤギテレビ杯後の残り6試合(日本女子オープン、TOTOジャパンクラシック、JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップは除く)に出場できることは、来季シード権獲得へは必須条件。では、その“フル出場権”を確保するためには、何位以内に入らなければならないのか。

一例をあげると、「樋口久子 三菱電機レディス」(10月28〜30日)や「伊藤園レディス」(11月11〜13日)はともに出場人数が96人で、うち主催者推薦枠が16人。そしてシード選手が50人強と考えると、25人程度。単純計算でいえば、リランキング25位に入っていることがフル出場への目安となってくる。

圏外から一発逆転を果たしたのは尾関彩美悠(あみゆ)、岩井千怜(ちさと)、セキ・ユウティン(中国)、川崎春花の4人。それぞれ第1回リランキングでは28位、33位、37位、65位につけていたが、ツアー初優勝を遂げて“今シーズン優勝者”として出場権を獲得した。

ボーダーライン圏外からまくった選手もいる。千怜の双子の姉でもある岩井明愛(あきえ)は、QT70位で今シーズンをスタートさせたが、第1回リランキングで30位に入って中盤戦にフル出場すると、いまは14位に浮上。終盤戦出場を手中に収めている。

そのほか第2回リランキング突破が濃厚となっているルーキー(昨年6月、同11月のプロテスト合格組)には佐藤心結、後藤未有、小倉彩愛、佐久間朱莉、桑木志帆、内田ことこ、上野菜々子がいる。

一方で、昨年メルセデス・ランキング53位で“準シード”ともいわれる前半戦出場権を獲得した河本結は暫定24位、下部のステップ・アップ・ツアーで賞金女王に輝きレギュラーツアーに参戦しているリ・ハナ(韓国)が27位、黄金世代の吉本ひかるが28位。ボーダーライン付近につけている。

QTランキング87位と下位から今季をスタートさせてたものの第1回リランキングでは18位につけた金田久美子は、順位を落として暫定23位。微妙な位置につけているだけに、この宮城戦で少しでもポイントを獲得して、順位を上げたいところ。

さらに中盤戦で猛チャージをみせた選手もいる。それが昨年6月のプロテストに合格したプラチナ世代の浜崎未来(みらい)。QTランキングは51位、リランキングは54位と低迷していたが、公式戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」で10位タイに入るなど中盤戦で成績を残し、暫定29位に大きく浮上した。ミヤギテレビ杯への出場が確定していないことが大きな痛手ではあるが、ウェイティングからの出場なんてことが叶えば、上位フィニッシュを狙いたい。

出場権をかけてふるいにかけられる最後の戦い。だれが笑って、だれが泣くのか。優勝争いはもちろんだが、リランキング争いからも目が離せない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>