古江彩佳、渋野日向子の優勝争いに沸いた米国女子ツアーは、今週は畑岡奈紗がカムバック。ディフェンディングチャンピオンとして米国では自身初となる連覇に挑む。また国内男子ツアーでは昨年史上5人目となるアマチュア優勝を成し遂げた中島啓太がプロに転向して連覇のかかるデビュー戦を迎える。さらに世界選抜対米国選抜のプレジデンツカップも開催。熱い一週間となりそうだ。


■米国女子「ウォルマートNWアーカンソー選手権」(23日〜25日、米アーカンソー州・ピナクルCC、賞金総額230万ドル=約3億2800万円)

米国女子ツアーは年に2回の3日間大会の最注目選手は何と言っても畑岡奈紗。2016年のツアー初優勝、そして昨年と大会2勝と絶好の相性を誇る。前週は出場せず調整に当てて抜群のコンディションで連覇に挑む。

また、前週優勝争いに絡んだ古江彩佳、渋野日向子もエントリー。早々のリベンジにも期待だ。同じく前週単独首位発進を決め、ホールインワンを達成するなど上り調子の上原彩子も出場。ベテランの奮起にも期待したい。

■米国男子「プレジデンツカップ」(22日〜25日、米ノースカロライナ州・クェイルホローC)

前週開幕した新シーズンは一度お休み、今週は世界選抜(欧州を除く)対米国選抜のプライドをかけた戦いが行われる。

日本勢からは世界選抜として松山英樹が出場。前週最終日に猛チャージをかけて45人抜きした勢いそのままに暴れてほしいところだ。

また、今回のプレジデンツカップはLIVゴルフ出場者はメンバー入りしていないことから今までとはまた違ったメンバー選出されているところにも注目したい。

■国内女子ツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」(23日〜25日、宮城県・利府ゴルフ倶楽部、賞金総額7000万円)

今週は東北で唯一行われる国内女子ツアーが開催。杜の都を舞台に第2回リランキング前最後の戦いが行われる。

昨年大会で前週から続く2週連続優勝を成し遂げた西村優菜は、前週ディフェンディング大会でまさかの予選落ち。「自分のゴルフにガッカリ」とうなだれた。しっかりと切り替えて同じ轍は踏まないようにしたいところ。

また、前週ツアー初優勝を挙げた19歳の尾関彩美悠にとって、2週連続優勝のかかる本大会はホステス大会でもある。お世話になっている人たちのためにも結果で大会を盛り上げたい。

■国内男子「パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ」(22日〜25日、兵庫県・小野東洋ゴルフ倶楽部、賞金総額1億円)

北の大地から関西に舞台を移して行われる戦いの注目は、何と言っても中島啓太。昨年大会では史上5人目となるアマチュア優勝を達成、そして今大会を前にプロ宣言をして、これがデビュー戦となる。アマチュア世界一に君臨したゴルフで、連覇達成となるか。

その中島に待ったをかけるべく、前週の「ANAオープン」でツアー2勝目を挙げた大槻智春、プレーオフで敗れたものの上り調子の石川遼、前週から日本ツアーに出場している小平智ら多士済済のメンバーがエントリー。しのぎを削る。

■欧州男子「カズー・フランスオープン」(22日〜25日、フランス・ル・ゴルフナショナル、賞金総額300万ユーロ=約4億3000万円)

イタリアのナショナルオープンを終えた欧州男子ツアーはフランスへ。2018年にライダーカップも行われた名門コースで、3年ぶりとなるフランスのナショナルオープンが行われる。

日本からは川村昌弘、そして金谷拓実がエントリー。また、LIVゴルフ参戦中のパトリック・リード(米国)も出場、物議を醸しそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>