今週のギア売り上げランキングアイアン部門では、9月16日に発売されたミズノの新作『JPX923シリーズ』のうち3モデルが発売初週からトップ10に入ってきた。


最も売れたのは2位の『JPX923フォージド』で、8位には『JPX923ホットメタル』、9位に『JPX923ツアー』がランクイン。その人気ぶりについて二木ゴルフ木更津店の店長・後藤敬介さんは、次のように話す。

「当店でも試打クラブが入荷した直後から、試打を希望するお客さんが殺到しました。ミズノさんも15年以上、JPXシリーズを展開してきましたが、歴代シリーズの中でも前作の『JPX921』はすごくヒットしたので、新作への注目度は発売前から高かったです」

どういうゴルファーから人気があるのだろうか?

「新作の923シリーズからヘッドが5タイプになりましたが、『フォージド』と『ツアー』に関してはJPX個別のファンというよりもミズノファンから人気があって、今までMPシリーズを使っていた人でも買い替える人が増えています。『ホットメタル』は前作の『921』で最も人気があったヘッドなので、前作からの乗り換え派が多いです」

今までミズノのアイアンといえばミズノプロ(MP)に代表される軟鉄鍛造のイメージが強かったが、最近はJPXの大ヒットもあり、鍛造モデルと鋳造モデルの販売比率がほぼ50%ずつになってきた。それくらい、JPXシリーズの人気が高まっている。

■アイアン売り上げランキングトップ3
1位 ピン i525
2位 ミズノ JPX923フォージド
3位 ブリヂストン 221CB

※データ提供/矢野経済研究所

<ゴルフ情報ALBA.Net>