第55回日本女子オープンゴルフ選手権競技が紫CCすみれC(千葉県)で、9月29日(木)に開幕する。日本女子オープンは、毎年、コースを変えて開催される女子プロゴルファー日本一を決めるナショナルオープン。出場選手たちのタイトル戴冠への思いは強く、さまざまな記録が生まれている。


過去54大会の歴史の中で最年少優勝を記録したのは畑岡奈紗の17歳263日。アマチュア出場した2016年第49回大会(烏山城CC二の丸・三の丸C)だった。

最終日、通算5アンダーで単独首位スタートだった長野未祈がスコアを落とし、首位に2打差の2位タイスタートだった柏原明日架もまたダブルボギーを叩くなどして後退。そんな状況の中、スコアを伸ばしたのが堀琴音だった。3番、7番でバーディを奪取して首位に立った。だが堀も、11番からの連続ボギーで足踏み。その間に、当時JGAナショナルチームのエースだった畑岡が、10番から3連続バーディを奪取して堀を逆転。堀と畑岡の一騎打ちとなった。

堀も14番でバーディを獲り首位の畑岡に並び、畑岡がひとあし先に迎えた18番最終ホール。ベテランのプロゴルファーですら強いプレッシャーを感じる場面で、17歳のアマチュアが圧巻のバーディ奪取。畑岡は通算4アンダーでフィニッシュした。

一方、堀は17番でボギーを叩き、畑岡に1打差の3アンダーで最終18番を迎えた。決めればプレーオフに持ち込めるバーディパット。堀の思いは届かずカップをかすめた。

畑岡の日本女子オープン史上初のアマチュア優勝だった。そして17歳263日での戴冠は、宮里藍が05年第38回大会(戸塚CC西C)で記録した20歳105日を更新する最年少優勝記録だった。

■年少優勝記録
畑岡奈紗 17歳263日 16年第49回大会(烏山城CC二の丸・三の丸C)
畑岡奈紗 18歳261日 17年第50回大会(我孫子GC)
宮里藍 20歳105日 05年第38回大会(戸塚CC西C)
宮里美香 20歳358日 10年第43回大会(大利根CC東C)
諸見里しのぶ 21歳76日 07年第40回大会(樽前CC南・中C)
樋口久子 23歳60日 68年第1回大会(TBS越谷)

<ゴルフ情報ALBA.Net>