LIVゴルフを率いるグレッグ・ノーマン(オーストラリア)は、米国選抜と世界選抜の対抗戦「プレジデンツカップ」が開幕する木曜日の朝、自身のツイッターで世界選抜チームに向けて“応援メッセージ”を送った。


「元世界選抜チームのプレーヤーでキャプテンとして、トレバー・イメルマンとチームメンバー全員へ。1998年のメルボルン大会での成功を再びできることを祈る」とつづった。

1998年大会はピーター・トムソン(オーストラリア)がキャプテンを務めた世界選抜が勝利を収めた。当時43歳だったノーマンは選手として参戦。日本の丸山茂樹が5勝を挙げて世界選抜の勝利に大きく貢献した。

だが、過去に世界選抜が勝ったのはこの一度だけ。今年のプレジデンツカップは、世界選抜のエースになるはずだった「全英オープン」覇者のキャメロン・スミス(オーストラリア)を筆頭に、ホアキン・ニーマン(チリ)、エイブラハム・アンサー(メキシコ)らがLIVゴルフ参戦の影響でメンバーから外れ、2日目終了時点で米国選抜に6ポイントの大量リードを奪われている。

そんな世界選抜劣勢の“一因”となっているノーマン。そのメッセージは純粋な世界選抜への声援なのか。はたまたLIVゴルフを排除しようとするPGAツアーへの敵対心ゆえなのか…。

世界選抜の現キャプテンを務めるトレバー・イメルマン(南アフリカ)は、金曜日の朝にこのツイートに反応し、“LOL”とひとことリツイート。LOLとは“Laughing Out Loud”の略で、昨今SNSなどでよく用いられるもの。つまり、『大きな声で笑う』という意味だ。

イメルマンいわく、「僕は本当に正直な人間だ。ノーマンのツイートを見たとき、本当に大笑いしたんだ」というが、その真意は…。厳しい戦いに頭を悩ませるキャプテンにとって、ノーマンの激励は大きなお世話だったのかもしれない。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>