<ウォルマートNWアーカンソー選手権 2日目◇24日◇ピナクルCC(米アーカンソー州)◇6438ヤード・パー71>

米国女子ツアーの「ウォルマートNWアーカンソー選手権」は2日目のプレーが進行中。首位タイでスタートした笹生優花が前半スコアを3つ伸ばし、首位と2打差のトータル10アンダーで折り返した。


古江彩佳は10ホールを終えてトータル6アンダー・34位タイでプレー中。ディフェンディングチャンピオンの畑岡奈紗は10番からスタートし、パーを8ホール並べたが、18番で最初のバーディを奪い、トータル4アンダーで50位付近につけている。

この日「65」をマークしたリリア・ヴ(米国)がトータル12アンダーまで伸ばして現在首位。トータル10アンダー・2位タイには笹生優花など7人がひしめく。

イーブンパー・89位タイからスタートした渋野日向子はスコアを2つ落としてホールアウト。現時点でトータル2オーバーは124位タイと、決勝ラウンド進出は厳しい状況となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>