<アセンダントLPGAベネフィッティング ボランティアーズ・オブ・アメリカ 事前情報◇26日◇オールドアメリカンGC(米テキサス州)◇6517ヤード・パー71>

先週大会で予選落ちを喫した渋野日向子が月曜日から精力的に調整を重ねた。2020年12月に4位で終えた「全米女子オープン」以来のテキサス決戦。時期もコースも異なるが、好相性のテキサスで終盤戦への勢いをつける。


8月の「AIG女子オープン」(全英)で優勝争いを演じ3位。その後は北米を舞台に4試合をこなしてきたが、3試合で予選落ち。2週前の「ポートランドクラシック」では首位と1打差で迎えた最終日に失速。28位タイで終えた。好不調の波が激しい試合が続く中、今週はひとつポイントとなるのが風となりそうだ。

テキサス州の内陸部に位置するコースだが、コース設計の理念はリンクス。大きな湖につきだした半島の湖岸にたたずむコースは、ほとんどのホールで強い風と対峙することになる。フェアウェイにも傾斜があり、ドッグレッグやグリーン周りの刈り込みなど、注意を要するホールが続くため、神経を使うプレーの連続。

土曜日に予選落ちを喫した渋野は日曜日に移動。月曜日は午前11時前にコースに現れると、軽い練習ののちにインコースをスタートさせた。出だしのホールから強い左からの風にぶつけるようなショットを見せるなど、風を見ながらグリーンを攻め、グリーン周りでは52度と58度の2本のウェッジを使いながら入念にアプローチを繰り返した。

マンデー(主催者推薦選考会)が午後から行われたことによりこの日のラウンドはインのハーフだけ。その後は練習場でウェッジの距離別の打ち分けをみっちりと行い、練習グリーンに移動し約2時間近くも球を転がした。

先週は一筋違うパッティングに泣き、バーディチャンスをつかめずに涙を呑んだ。練習では1.5メートルをひとつのカップ周りから何度も繰り返し打ち、その後はライン、距離をランダムに選びながらひたすら球を転がす練習。グリーン上での課題をつぶすような練習のように見えた。

強く吹く風といえば、4月の「ロッテ選手権」、そして全英でともに優勝争い。風と友達になった過去2回同様、渋野に3度目のチャンスが訪れるのか。残り2日間で風攻略の糸口をつかみ、予選落ちの流れを断ち切りたい。(文・高桑均)

<ゴルフ情報ALBA.Net>