<マイナビABCチャンピオンシップ 2日目◇4日◇ABCゴルフ倶楽部(兵庫県)◇7217ヤード・パー72>

史上初のアマチュアでツアー2勝という歴史を作り、今大会でプロデビュー戦を迎えた蝉川泰果。優勝した「パナソニックオープン」、「日本オープン」に続き、再び地元兵庫開催のレギュラーツアーで3連勝が期待されるなか、初日は2オーバー・70位タイと出遅れ。しかし、2日目に「68」と盛り返し、トータル2アンダー・40位タイで、プロ初戦での予選落ちの危機を逃れた。


そんな蝉川の第2ラウンドでもっとも印象深かったのが、インコーススタート2ホール目の11番ホールのバーディだ。457ヤードと長い右ドッグレッグのパー4は、ドライバーを持たずに刻む選手も多い。そこで蝉川はいつものようにドライバーを振り切ったが、「フォアー!」とボールは右方向へ。隣の12番ホールの斜面でボールは止まった。

「まずいなという感じでした。横に出すとしても難しい」と、急な斜面のライで林に囲まれた絶体絶命のピンチ。木がスタイミーでグリーン方向は狙えず、もちろんボールの場所から11番のグリーンは見えない。ここでスコアを落とせば、予選通過は厳しくなる。しかし、蝉川にはグリーンまでのルートが見えていた。

「ピンの方向は狙えなかったんですけど、右サイドがけっこう空いていて、右のバンカーも右ラフもセーフゾーンがけっこう広かった。グリーンのフロントエッジまでが130ヤードで、50度のウェッジでギリギリの距離。ピンまでは考えずに、右に出してドローをかけて狙いました」

通常はスライスが出やすい、急なツマ先下がりのライから50度でドローをかけて打ったショットは、なんと木に当たることなくグリーンをとらえ、ピンの右奥5メートルに着弾。固唾をのんで見守っていたギャラリーからは大歓声があがり、ピンチは一転してチャンスに変わった。「ラフが長いと難しいんですけど、ほとんどベアグラウンドだったので、逆にドローがかけやすかったですね。15ヤード以上は曲がっていると思います。イメージした以上には打てました」と、このスーパーショットを振り返る。

そして、下りのバーディパットを見事に沈めてバーディ! ここからいい流れに乗ることができた。ティショットを大きく曲げるピンチからバーディチャンスにつけるプレーは、全盛期のタイガー・ウッズ(米国)を彷彿とさせる。

「タイガーのような選手になりたい」と公言する21歳に、『タイガーみたいでしたね』と振ると、「そうですね。わっはっはっはっは」とハニカミつつも大きな声で笑う。「自分でもカッコいいプレーだったと思いますね(笑)。魅せられたショットかな」とギャラリーを沸かせるスーパーショットに満足げだった。

その後は、「きのう(初日)はお客さんに魅せたいと思って、ガンガンいこうとしていたんですけど、きょう(2日目)はいろいろ考えました」とドライバーを多用した魅せるプレーよりも、3番ウッドや3番アイアンでフェアウェイキープを重視したマネジメントに徹し、合計6つのバーディを奪った。

トップを9打差で追う決勝ラウンドは「いけるところまでまくったろうと思っています」とアクセル全開で攻める。我々の度肝を抜くプレーを期待したい。(文・下村耕平)

<ゴルフ情報ALBA.Net>