6日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表された。1位ローリー・マキロイ(北アイルランド)、2位スコッティ・シェフラー(米国)、3位キャメロン・スミス(オーストラリア)など、上位勢に大きな変動はなし。


トップ10ではマシュー・フィッツパトリック(イングランド)が9位に上がり、かわりにコリン・モリカワ(米国)が10位に1ランクダウン。先週の米国男子「ワールドワイド・テクノロジー選手権」で5年ぶりの優勝を果たしたラッセル・ヘンリー(米国)は、59位から33位に順位を上げた。

松山英樹は19位をキープ。今週の「ケイデンス・バンク ヒューストン・オープン」で3試合ぶりのツアー出場を予定しており、ここから再びランクを上げていきたい。以下、日本勢は88位に比嘉一貴、111位に桂川有人、115位に星野陸也と続いていく。

先週の国内ツアー「マイナビABCチャンピオンシップ」を制した堀川未来夢は、163位から143位と20ランクのアップを果たした。また同大会がプロデビュー戦になった蝉川泰果は、予選通過で345位から338位とわずかながら順位を上げた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>